×

編集長ブログ

市場急落の中 トヨタ自動車日本史上最高益

2018.02.06

経済

0コメント

アメリカ市場の急落の影響で、日本のマーケットも大きく下がった。
それは昨日のブログの通り。そろそろバブルも弾けると思っていたので、驚くことでもないのだが、企業業績は堅調なのに、マーケットは生き物だなあ、と改めて思う。

アナリストたちの昨日のコメントを聞くと、大方22000円を割ることはないだろう、などと悠長なことを言っている人が多く、次の日(今日)あっさりと22000円を割って、一時は21000円さえ割りそうになったから笑ってしまった。アナリストも適当だな、と。

ま、予想通りに事が運べば、アナリストさんたちはみんな大金持ちになれる。予想通りに行かないから面白い。

そんな最悪の市場環境の中、トヨタ自動車が通期の予想を過去最高益(今までの日本の企業の中で一番高い利益額)に引き上げた。

今日の株価は215円安で、過去3か月で最高の下落幅(それは当然か。今日の市場が1000円強も値下がりしているので)だった。

このトヨタの株価が明日も下がるようなら、マーケットはしばらく大きな調整局面で、下落の方向に向かうとみる。

やはり、金融緩和でマネーがじゃぶじゃぶになったマーケットはこのように崩壊する見本のような動きだ。

前のページ

アメリカ市場急落

次のページ

どうでもよくね?(眞子様のご結婚延期)

政経電論の新着記事

  • 二酸化炭素と水素から都市ガスを生成 親炭素技術「メタネーション」とは

    2021.9.16

  • 社名と事業が異なる企業たち【富士フイルム・日立造船・凸版印刷】

    2021.9.14

  • 菅内閣の成績表~新型コロナ対応・デジタル庁・最低賃金引上げ

    2021.9.13

  • 容器再利用プラットフォーム「Loop」で“捨てるという概念を捨てる”生活へ

    2021.9.13

  • 原発の大規模再稼働がなければ成立しない日本の危うい脱炭素エネルギー戦略

    2021.9.6

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 誰が何と言おうと僕は野田聖子推し(押し)

    2021.09.16

  • 選挙は終わるまでわからない。東京都議選

    2021.07.05

  • 接種券届いたが

    2021.06.29

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード