×

編集長ブログ

赤いサイロ 食べてみたい

2018.02.22

日常

0コメント

平昌オリンピックで連日明るい話題がメディアを賑わしている。

女子パシュートでは、3人のメダリストが出場したスケート王国オランダを決勝で見事に破り堂々の金メダル。

先頭との入れ替えなどで科学的見地を取り入れ、練習を重ねた選手たちを称えたい。

これでメダルの数では長野オリンピックの獲得数を一つ抜いた。

しかも、まだカーリング女子などはあと一勝すればメダル確定だ。

そんな中、カーリング女子LS北見チームが、休憩時間に地元の銘菓「赤いサイロ」をほおばる姿が報道され、生産が追いつかなくなるほど売れているらしい。

企業の不祥事や、政争に明け暮れる永田町の報道にうんざりしていたので、こういうニュースは非常にホッとする。できることなら、僕も食べてみたい。

前のページ

オリンピックを政治利用するな。

次のページ

裁量労働制について

政経電論の新着記事

  • 二酸化炭素と水素から都市ガスを生成 親炭素技術「メタネーション」とは

    2021.9.16

  • 社名と事業が異なる企業たち【富士フイルム・日立造船・凸版印刷】

    2021.9.14

  • 菅内閣の成績表~新型コロナ対応・デジタル庁・最低賃金引上げ

    2021.9.13

  • 容器再利用プラットフォーム「Loop」で“捨てるという概念を捨てる”生活へ

    2021.9.13

  • 原発の大規模再稼働がなければ成立しない日本の危うい脱炭素エネルギー戦略

    2021.9.6

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 誰が何と言おうと僕は野田聖子推し(押し)

    2021.09.16

  • 選挙は終わるまでわからない。東京都議選

    2021.07.05

  • 接種券届いたが

    2021.06.29

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード