×

編集長ブログ

オリンピックを政治利用するな。

2018.02.19

政治

0コメント

平昌オリンピックで大盛り上がりだ。

普段はカーリングの競技もみないし、アイススケートに興味もないのに、なぜか見てしまう。

羽生選手のファンでもないのだが、あの精神力と技術力は本当に凄い、としか言いようがないほど感心させられる。羽生選手がすごすぎて、宇野選手の注目度が低いのは気の毒だけど、彼の演技も素晴らしかった。同じ銀でも、金メダルが日本人ということで、二番手になってしまうのは、ちょっとかわいそう。でも、いつか宇野選手も羽生選手を超えられるように頑張ってもらいたいものだ。

カーリングもオリンピックになると、空いている時間は結構見入ってしまう。氷上のチェスと言われるだけあって、その駆け引きは非常に面白い。でも、オリンピックが終わればまた見なくなってしまうんだろうな。男子も女子もまだメダルの可能性が残っているので、これから勝ち進んで欲しい。

と言うように、普段興味もない僕らが興味を持ってみているのに、その陰では、北朝鮮との融和を演出する韓国があって、それはいいのだが、南北合同チームなど本当に選手に失礼なことをしている。

日本の安倍首相も、開会式に行くとか行かないとか。スポーツの祭典で、政治を絡ませないで欲しい。

かつて、モスクワオリンピックでは、旧西側諸国がボイコットをして、そこを目指していた選手たちを失望させた。こういう政治決断をする人達は許せないと思う。例え、戦争状態だったとしても、一生懸命練習してきた選手たちに罪はない。政治とは切り離して欲しい、といつも思う。

特に今回の韓国政府が(北朝鮮に対して)取っている行動は、??????マークしかつかない。

オリンピックを利用しないで、別でやってもらいたい。

前のページ

3位と4位はそんなに違うのか?

次のページ

赤いサイロ 食べてみたい

政経電論の新着記事

  • 二酸化炭素と水素から都市ガスを生成 親炭素技術「メタネーション」とは

    2021.9.16

  • 社名と事業が異なる企業たち【富士フイルム・日立造船・凸版印刷】

    2021.9.14

  • 菅内閣の成績表~新型コロナ対応・デジタル庁・最低賃金引上げ

    2021.9.13

  • 容器再利用プラットフォーム「Loop」で“捨てるという概念を捨てる”生活へ

    2021.9.13

  • 原発の大規模再稼働がなければ成立しない日本の危うい脱炭素エネルギー戦略

    2021.9.6

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 誰が何と言おうと僕は野田聖子推し(押し)

    2021.09.16

  • 選挙は終わるまでわからない。東京都議選

    2021.07.05

  • 接種券届いたが

    2021.06.29

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード