×

編集長ブログ

インフルエンザじゃなかったが、、

2018.03.05

日常

0コメント

先週の金曜日から咳が止まらずだったが、深酒をしてしまった。

翌日咳がひどくなり、皮膚科に行くついで(皮膚科は定期的に行かねばならない)に、隣の内科を受診した。

今年は隠れインフルということで、特にB型は症状が軽く、熱も出ないことが多々あるらしい。

結果陰性だったので、咳止めだけを処方してもらい帰宅。

日曜日に発熱した。インフルの潜伏期間だったのかと、嫌な予感がしたが、休日ということもあり、医者には行かず様子を見ることに。

今朝、寝汗びっしょりで起きると身体の節々が痛い。熱を測ると38度。昨日よりも状態が悪い。こりゃ、やはりインフルエンザかと、近くの病院で受診したら、やはり陰性。そりゃそうだよな。そんな簡単に出たり引っ込んだりしないわな。お陰で1920円の受診料が無駄になったような気がした、、、クスリも出なかったし。

ということで、本日の会食はキャンセルせずに出てきたら、夜には大雨になるという。今日は深酒をしないで帰ろうと思うのだが、会食相手は飲料(酒類)メーカーの方だ。いつもなら、少し無理して飲むのだが、果たして。

前のページ

裁量労働制について

次のページ

センスのない野党に、程度の低い与党

政経電論の新着記事

  • 五感で味わう「アサヒスーパードライ」 没入体験でビールの魅力を深掘り!

    2024.5.10

  • 子どもが一歩を踏み出す勇気に 「ペッピーキッズクラブ」が目指す新しい英会話教室のかたち

    2024.5.1

  • 「医師の働き方改革」にも寄与 医療現場を革新する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」

    2023.12.14

  • パラスポーツのサポートを通じて次世代が活躍できる環境を【三菱商事の社会貢献活動50年】

    2023.12.1

  • ボーダーレス化が進む電機業界と自動車業界【CEATEC2023】

    2023.11.30

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 女性局フランスへ

    2023.08.04

  • シーリング効果

    2022.12.07

  • ロシア産原油輸入に上限価格設定

    2022.12.05

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード