×

編集長ブログ

センスのない野党に、程度の低い与党

2018.03.26

政治

0コメント

国会では明日の佐川前国税庁長官の証人喚問が大注目されている。理財局長時代の国会答弁は木で鼻をくくったようなトンでも発言をしたのだから、その責任は逃れない。もし、「訴追の恐れがあるから、答弁は差し控える」などと、偽証罪の適用がある証人喚問で連発するようだったら、本当に糾弾せねばならない。最後くらい(?)本当のことを言いなさいよ、といいたい。役人(人間)として、矜持はないのかね?と思うわ。

まあ、国会の答弁で「(文書は)破棄した」と(ほとんど)虚偽発言をしているのだから、仕方ないか。

それは、連日報道で言われているからここでしつこく言わなくていいし、明日になればわかることなので。

それよりも、最近は与党自民党のあまりにも程度の低い発言(や行動)が目につく。野党はそのセンスのなさが信頼されず、安倍一強を作ってしまったので、今更という感じだが、与党にもやはりいるわな、とんでもないのが。

まずは、和田政宗参議院議員の国会質問。現在の太田理財局長に、民主党政権の野田総理秘書官をしていた事を挙げ「安倍政権をおとしめるため意図的に変な答弁をしているのか」と、下劣な質問をした。さすがに太田氏も「いくらなんでも、、、、」を繰り返し、色を成して反論した。そりゃそうだわな。この程度の低すぎる質問には呆れる。国民の大多数がそう思っていることだろう。和田氏のファンはネット上で擁護する発言もあるが、僕から言わせれば、世の中いろんな人がいるんだね、と軽蔑の対象にしかならない。

身内の麻生財務大臣にまで「レベルが低い、軽蔑する」と言われる始末。だったら、こんなのに公認与えるなと言いたいし、質問に立たせるなよ、と思う。自民党のセンスを疑うね。元々こういう事を言うのはわかっていたのに。旧知のベテラン議員に聞いたら、「質問に立たせたら不味いと思っていた。その通りになった」と言ってたもん。

さすがに、この答弁は自民党側から、削除要請が出て、削除されたのだが、程度の悪い例として残しておけば良かったのに、と思う。続けて、財務省の改竄に関しても、「党や官邸が徹底調査を指示して隠蔽の扉をこじあけなければ、財務省内部で完全に隠されていたかもしれない」などとヨイショの嵐。大阪地検が入ったから出ていたのであって、党や官邸は佐川氏の証人喚問もずっと拒否してきたじゃん。何言ってんだこいつ?

他には、名古屋私立中学校で、文部科学省の前川前事務次官が授業を行うことに関して、教育委員会に内容報告を求めたとのこと。で?問題になったら雲隠れして、やっと出てきたと思ったら「果たして法令に準拠した授業だったのか、地元の皆様方からのご懸念があれば、その大切なお声を国にしっかりとお届けすることが・・・・。その信念に従ってお問い合わせをさせて頂いた」と馬鹿丁寧な言葉を使い、演説のように記者に喋り、質問も受けずに立ち去った。やたら丁寧な言葉を使えば良いってもんじゃないだろ。

言葉はパッションで通じるんだよ。こんなんじゃ、逆にバカにされてるとしか思えない。だから、選挙区で通れないんだ。あれだけ、自民党が圧勝してるのに、二回連続で比例復活。与党も数が多いと程度の低いのも増えるな。

野党は惜敗率で比例復活するのも、数が少ないからそれなりの票を取らなければならないので、復活は制度として残してもいいかとは思うが、圧倒的にかつ与党は、こういうのを落とすためにも、比例復活を認めないということにならないものだろうか?

これをみて、反論がある人(本人含む)はいつでも議論するので、どうぞご連絡ください。

前のページ

インフルエンザじゃなかったが、、

次のページ

刑事訴追の恐れがあるからって、、、

政経電論の新着記事

  • 【ニッカウヰスキー創業90周年】「創業90周年方針説明会」で発表された取り組みから見える、未来への壮大な夢と覚悟

    2024.6.25

  • 超高齢化社会、地方の過疎化で変わる“クルマ社会” 日産自動車の次世代モビリティへの取り組み

    2024.6.19

  • 政策から、社会・地域を考える。 社会人大学院「社会構想研究科」新設置。

    2024.6.18

  • 年収1000万円も!ミドル・シニアのセカンドキャリア最前線

    2024.6.4

  • 五感で味わう「アサヒスーパードライ」 没入体験でビールの魅力を深掘り!

    2024.5.10

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 女性局フランスへ

    2023.08.04

  • シーリング効果

    2022.12.07

  • ロシア産原油輸入に上限価格設定

    2022.12.05

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード