×

編集長ブログ

昨日はダービー

2018.05.28

日常

0コメント

昨日はダービー。

雨が降らなければ、ほぼ毎年府中競馬場に行って観戦。

競馬歴30年(だからと言って、馬券が取れる訳でもない)の僕にとって、やっぱりダービーは格別だ。競馬関係者(僕は違うが)にとって、ダービーは特別なレースだという。ダービーを取れば、騎手には一生ダービージョッキーという称号が付いて回る。

思い出されるのは今から28年前のダービーだ。オグリキャップの登場もあり、空前の競馬ブーム。前売りチケットがないと、競馬場に入れなかった。史上最多の20万人弱の人が府中競馬場に詰めかけた。

記憶の限りでは、距離やコースの得手不得手ということで、メジロライアンが1番人気。武豊騎乗の皐月賞馬ハクタイセイが2番人気。皐月賞で1番人気で2着に敗れたアイネスフウジンが3番人気だった。

ハクタイセイの父は、ハイセイコー。地方から中央に出てきてその圧倒的な強さから、地方の星ということで、人気も博した。その当時のオグリキャップに通じるところがあったが、得意な距離は2000mまでで、ダービーの2400mは長いと判断して、アイネスフウジンとメジロラインへの1点勝負。

当時学生(20歳を超えても学生は競馬法で馬券の購入はいけない。けど、もう時効ということで)だった僕は、1万円しか買えなかったが、それでも当時は大勝負。ハクタイセイが来たらごめんなさいだ。

逃げるアイネスフウジンを、4コーナーでハクタイセイが捉えに掛かる。しかし、やはり距離の壁かハクタイセイは伸びない。アイネスフウジンは、バテることなく、直線を進む。後ろの方から猛然とメジロライアンが襲い掛かったところがゴールだ。確か、当時のダービーレコード(2分25秒3 競馬に関してはすげー記憶力)だった気がする。因みに、安田記念のオグリキャップもレコードで1分32秒4だったはず(両方ともネットで調べてない。だから何だ、という声も聞こえてきそうだが)。

レース後は苦労人の騎手・中野へのコールが巻き起こった。馬券も取ったし、こんなに気持ちのいいダービーはない。それ以外にもダービーは結構取っているのだが、一番印象に残るレースだ。

昨日はダノンプレミアムを外さなかったので、馬券は取れなかったが、非常にいいレースで満足してる。

楽しい一日だった。馬券が取れたら、もっと楽しい一日だったろうけど。

前のページ

今日は学長会見。理事長はなにしてんだか。

次のページ

悪質じゃない改竄ってあるの?

政経電論の新着記事

  • 米中首脳会談の緊張と緩和 台湾が米中対立の最前線に

    2022.11.21

  • ミサイル発射を繰り返す北朝鮮の思惑とは

    2022.11.21

  • 支持率低迷の岸田内閣 安倍元首相国葬、国論二分の理由を振り返る

    2022.11.17

  • 対面販売で高まる本の価値 「BOOK MARKET」に見る出版業界の今後

    2022.11.16

  • 米中間選挙 民主党善戦でトランプ氏以外の候補を求める声強まる?

    2022.11.15

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 安倍総理追悼

    2022.07.10

  • 参議院選挙

    2022.06.27

  • トリガー条項凍結

    2022.04.30

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード