×

編集長ブログ

目が痒い!

2015.03.04

社会

0コメント

花粉症です。
目が痒い。辛い。

4年ほど前、あまりに症状がひどいので、
半信半疑である注射を射ちに行きました。

注射をしてくれる看護師さん(女性)も花粉症でぐずぐず
「あなたも射てばいいじゃない?」と、この薬効かないんじゃないか?
と益々疑いの目。

「女性は副作用が強過ぎて
射てないんです」
って、それ男性の僕が射ったって副作用ありじゃね?

射ってみました。
やばいです。
射った瞬間に効きました。

しかも、それからひと月は
全く症状が出ません。

いや、やばいでしょう。
この薬。こんな小さな一本でこんなに効くなんて。

アレルギー協会では、花粉症に効く薬として
認めていないそうです。

そりゃ、そうだよな。
だって、保険の1000円で射てて
ひと月も効いたら、商売上がったりです。

でもさすがにここまで効くと
逆に射つのをためらってしまいます。

いつでも射てば症状が止まる、と思って
我慢していたら、
ここ2年はほとんど症状が出ませんでした。

お!花粉症が治った、と喜んでいたのも束の間
今年は既に目が痒い。

射たないとダメかしら。。。。

日本全国の杉の木を切ってしまえ!(すゲー無茶)

20150304_blog.jpg

前のページ

非日常

次のページ

学力のセンス

政経電論の新着記事

  • 警備ロボの実用化で人手不足を解消 画像・動作認識AIでデータベースの活用へ

    2021.4.21

  • ポテンシャルは原発600基分、洋上風力発電の可能性を考える

    2021.4.20

  • システム障害で三振のみずほ、“あのとき”と状況は同じ

    2021.4.19

  • なぜいま「こども庁」? 幼稚園と保育園は所管も法令も先生の資格も違う

    2021.4.16

  • 経営理論は実際の経営に使えない、は本当か

    2021.4.15

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 離党届を出せば済むのか。

    2021.02.01

  • 政治は結果責任。

    2021.01.07

  • 2030年にEV車とは言うが

    2020.12.17

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード