×

編集長ブログ

学力のセンス

2015.03.05

社会

0コメント

学力は「知識分野」と「感覚分野」に分かれるそうです。

「知識分野」は
教えてもらい、暗記をすれば上がります。
=見える学力

「感覚分野」は
自分で気づかせる。
一つの問題を多角化させる。
考える習慣をつけさせる。
=見えない学力

感覚分野が「センス」と言われるものです。
このセンスを鍛えれば、能力は上がっていくのだそうです。

そして、僕の友人は
図形、パズル、数でその脳を鍛えることを推奨しています。

僕の年でもまだ間に合うかな・・・
20150305_blog.jpg

前のページ

目が痒い!

次のページ

80歳でもコブを滑る

政経電論の新着記事

  • 警備ロボの実用化で人手不足を解消 画像・動作認識AIでデータベースの活用へ

    2021.4.21

  • ポテンシャルは原発600基分、洋上風力発電の可能性を考える

    2021.4.20

  • システム障害で三振のみずほ、“あのとき”と状況は同じ

    2021.4.19

  • なぜいま「こども庁」? 幼稚園と保育園は所管も法令も先生の資格も違う

    2021.4.16

  • 経営理論は実際の経営に使えない、は本当か

    2021.4.15

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 離党届を出せば済むのか。

    2021.02.01

  • 政治は結果責任。

    2021.01.07

  • 2030年にEV車とは言うが

    2020.12.17

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード