×

編集長ブログ

80歳でもコブを滑る

2015.03.08

日常

0コメント

スキーを始めたのは20歳の頃
ちょうど、バブルの末期で
映画の「私をスキーに連れてって」がヒット。
リフト待ち30分なんてザラの時代でした。

秘書時代は
急に元旦に呼び出されたり(泣)で、
宿泊予約ができなかったので
ブランクがありましたが
仕事にも慣れ、そのうちに再開しました。

30歳を過ぎるまではただ滑っていれば楽しかったのですが、
後輩に触発されコブを滑るようになってからは
コブを滑ることしか興味が無くなってしまったのです。

でも、自己流なのでコブに飛ばされてばかり。

この数年間は、大手商社の広報部長さんと一緒に
プライベートレッスンを受けていますが
中々上手くならない。。

体力も衰える一方だし
もうこんなもんかな、と毎年思います。

しかし、昨日の女性インストラクターさんは
28歳の時からスキーを始めたのだそうです。

しかも、彼女が教えている人の中に80歳の方が。
80歳でコブに入り、滑れるようになったのだそうです。

大会に出るわけでもなく、
若い頃のように、「モテたい」わけでもないのですが、

やっぱりコブを滑りたい
80歳まで30年以上ある。

頑張るぞ!

前のページ

学力のセンス

次のページ

本日刊行

政経電論の新着記事

  • 警備ロボの実用化で人手不足を解消 画像・動作認識AIでデータベースの活用へ

    2021.4.21

  • ポテンシャルは原発600基分、洋上風力発電の可能性を考える

    2021.4.20

  • システム障害で三振のみずほ、“あのとき”と状況は同じ

    2021.4.19

  • なぜいま「こども庁」? 幼稚園と保育園は所管も法令も先生の資格も違う

    2021.4.16

  • 経営理論は実際の経営に使えない、は本当か

    2021.4.15

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 離党届を出せば済むのか。

    2021.02.01

  • 政治は結果責任。

    2021.01.07

  • 2030年にEV車とは言うが

    2020.12.17

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード