×

編集長ブログ

党首討論の役割は終わった、、、とは?

2018.06.27

政治

0コメント

相変わらず、僕の体重は増加中。

やばい、ライザップに通う前の体重に戻ってしまう、、、いや、表題とは関係ないので、この話はやめよう。

でも、ショックだ。少し炭水化物を控えねば。

さて、閑話休題(というか、本題に一度も入っていないが、、)

本日、安倍総理が「党首討論の歴史的使命は終わった」と発言をした。

これは、おそらく前回、枝野氏(立憲民主党党首)が全く同様の発言をしたことを文字って発言したものと思われる。まあ、確かに45分間の持ち時間を、バラバラの野党党首で分け合うのだから、深まった議論ができるものでもない。これは、以前にも書いた。

今日は、総理自身も持ち時間を超過して、昭恵夫人のことに関して弁明を繰り返し、いら立っていたこともあるのだろう。

とは言え、野党が発言するのならともかく、受けて立つ側の総理がこの発言をするのはおかしいのでは?

センスも何もない野党なので、肩を持つつもりもないのだが、アピールする場所はほぼないのだから、最高権力者の総理大臣はぐっと我慢して、これを受け入れるべきだろう。

英国のクエスチョンタイムのように、もっと深まった議論をしよう、という提案はお互いにないのかね?

野党も野党だ。この前言ったように、まとまって、一人に時間を集中するなどしなければ、巨大与党には立ち向かえない。

前のページ

寝ないと体重が増える

次のページ

二階幹事長の「子供を産まない幸せは勝手な考え方」に思う

政経電論の新着記事

  • “禁書”は皆無 政治本は無くとも歴史書で香港の価値を伝える

    2021.8.4

  • エンプラに革新、東レ「しなやかでタフなポリマー材料」

    2021.8.3

  • 松坂桃李vs鈴木亮平、マル暴刑事が最凶やくざと死闘を繰り広げる衝撃映画『孤狼の血 LEVEL2』

    2021.7.30

  • ニューノーマルな暮らし×色あせないデザイン 流行と伝統が調和する三井ホームの新邸宅

    2021.7.21

  • 夫婦別姓、セクシャルマイノリティ…裁判所任せでなく国会で議論を

    2021.7.19

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 選挙は終わるまでわからない。東京都議選

    2021.07.05

  • 接種券届いたが

    2021.06.29

  • 宝塚記念

    2021.06.24

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード