×

編集長ブログ

サッカーワールドカップ決勝トーナメント進出

2018.06.29

社会

0コメント

昨日は会食後に友人と、行きつけのお店でサッカー日本代表の試合を見ていた。友人は疲れていたのか、ほとんど寝ていたが、、

結果はご存知の通り、ポーランドに1対0で負けたのだが、フェアプレーポイントの差で辛くも、結構トーナメント進出を果たした。

案の定、日本の戦い方には賛否が渦巻いた。賛は、決勝トーナメントに行けたという結果について。否はあのボール回し(時間つぶし)についてだ。

勝負事は結果が全てというところもあるので、決勝トーナメントに進めた、ということにおいては成功だったのだろう。

このことに関しては、ネット上でも他国のメディアでも沢山報道されているようなので、くどくど言うのもどうかと思ったのだが、やはりしっくりいかない。

コロンビアが2点以上取っている、というのであれば、時間的にもセーフティだとは思うのだが、日本が負けている以上、1-1の同点でも、セネガルとコロンビアは決勝トーナメントに進める。

ということは、コロンビアも1点を取った時点で、少し安心して、セネガルに攻め込まれて、ゴールを割られることも、ほんの一瞬あれば有り得た。これはタラ、レバの話なので、今更なのだが、やはりこの無様な最後の10分間には疑問符が付く。

最後のパス回しは退屈だったので、セネガルとコロンビアの試合を観ていたのだが、日本人の自分がセネガルを応援していた。セネガルがゴールネットを揺らせば、世紀の大愚策、ということで猛批判にさらされたであろう。

言い続けたら止まらないので、ここまでにするが、下馬評では決勝トーナメント出場も危ぶまれていたのだから、ここまでは上出来ということで。

しかし、あのようなみっともないサッカーで拾った決勝トーナメントの次戦のベルギー戦で無様な試合はみたくない。控えで臨んだベルギーはそれでもとてつもなく強かった。

そのベルギーに堂々と渡り合えなければ、ポーランド戦の最後の10分間は本当に日本サッカーの恥と思われる。

前のページ

二階幹事長の「子供を産まない幸せは勝手な考え方」に思う

次のページ

オウム事件とはいったい何だったのか、わからずじまいだった。

政経電論の新着記事

  • 警備ロボの実用化で人手不足を解消 画像・動作認識AIでデータベースの活用へ

    2021.4.21

  • ポテンシャルは原発600基分、洋上風力発電の可能性を考える

    2021.4.20

  • システム障害で三振のみずほ、“あのとき”と状況は同じ

    2021.4.19

  • なぜいま「こども庁」? 幼稚園と保育園は所管も法令も先生の資格も違う

    2021.4.16

  • 経営理論は実際の経営に使えない、は本当か

    2021.4.15

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 離党届を出せば済むのか。

    2021.02.01

  • 政治は結果責任。

    2021.01.07

  • 2030年にEV車とは言うが

    2020.12.17

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード