×

編集長ブログ

今週末は菊花賞だけど、それよりも株価暴落の方が気になる。

2018.10.15

経済

0コメント

今週末は菊花賞。さすがにそのことをまた延々と書いたら、どこぞの競馬コラムだとスタッフにも嫌な顔をされそうなので、今週は違う話題を探そう。

先週の木曜日に東証が今年3番目の下落幅を記録した。金曜日は一旦上昇して、NY市場も上がったのだが、週明けの今日も大幅下落をして終わった。

10月2日に26年ぶりの高値を更新してから、2週間で2000円もの大幅下落だ。

これは高値更新後の調整というよりも、世界マーケットが、アメリカ一強の現状の危うさを意識した動きだと思われる。

微調整で済めばいいのだけど、トランプ大統領の乱暴な貿易戦争をみていても、マーケットがリスクをかなり意識してきたように思う。

来年には日本では消費税増税も控えているし、アベノミクスの続きはどうなるのか、これから正念場だな。

先ずは、11月のアメリカの中間選挙までは不穏な動きになりそうだが。

個人的には、トランプ大統領には首をかしげることが多々あるので、中間選挙は共和党が敗北することを願っているのだが、負けたら負けたでなりふり構わずとんでも政策を繰り出しそうな感じもするので、それはそれで困ったものだ。

前のページ

今日も負けずに競馬の話 秋華賞

次のページ

経団連の就活ルール廃止は即実行すれば?

政経電論の新着記事

  • 米中首脳会談の緊張と緩和 台湾が米中対立の最前線に

    2022.11.21

  • ミサイル発射を繰り返す北朝鮮の思惑とは

    2022.11.21

  • 支持率低迷の岸田内閣 安倍元首相国葬、国論二分の理由を振り返る

    2022.11.17

  • 対面販売で高まる本の価値 「BOOK MARKET」に見る出版業界の今後

    2022.11.16

  • 米中間選挙 民主党善戦でトランプ氏以外の候補を求める声強まる?

    2022.11.15

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 安倍総理追悼

    2022.07.10

  • 参議院選挙

    2022.06.27

  • トリガー条項凍結

    2022.04.30

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード