×

編集長ブログ

スマホ

2015.04.01

社会

2コメント

日曜日にドコモショップに行った。
ガラケーなのに、毎月基本料だけで12000円も掛かるから。

事務所の人間に
「へ?そんとくさん、そんなに払ってるんですか?
定期的に料金プランの見直しをしなきゃダメですよ」
と諭された。

だって、携帯ショップってすごい混んでるんだもん。。

2年弱前に見直しをしたとき、通話のかけ放題はなかったし、
iPadも持っていなかったので、パケ放題にして、
通話が一番できる従量制の料金にした。

そのうちiPadを持ち歩き、
ほとんど通信を使うことは無くなった。
仕事柄通話も多いので、従量がオーバーすることもしばしば

今は掛けホーダイがプランにあるので、
見直した方が絶対にいいと。
そりゃそうだよね。
っていうか、そういうのドコモから教えてくれよ。。。

おじさんはダメですね。
スマホとガラケーってほとんど料金の違いがない(月額たったの500円)し、
今では待受時間も長い。(以前アイホーンを併用していて、直ぐに充電が切れた)

時代は日進月歩。俺ってついて行ってない。
スマホは高いもんだと勝手に思い込み、
意地でもガラケーで、なんていう思いも砕け散り、
あっさりスマホに変えることに。(意志弱っ)

しかも、iphoneはもっと高いという先入観だったのが
「アップルさんから、初期費用を取ってはいけない、と
言われてるので、頭金は0円です」
と聞いて
「え、まじ?知らなかった。。。」

シャープのスマホは機種代が0円だけど、
初期費用が5400円。
でもiphoneはな、なんと初期費用0円
64ギガの機種は月額500円弱かかるけど、よし!決めた。
iphoneで!

かけ放題、パケ放題で70000円くらい。
今までガラケーで掛け過ぎると、
どんどん高くなっていたのが馬鹿らしい。

しかも、SMSをすると一度に3円かかる、というのを初めて知った。。。
ショートメールは電話番号を使うので、通話だと。

「え?そんとくさん知らなかったんですか?」
とまた事務所の人間に馬鹿にされる始末。

で、調べてもらいました。
先月、ショートメールで1000円使っていました。
300通も出していた・・・

「ラインをやればいいじゃないですか」と事務所の人間。
だーかーらー。俺はガラケーだったの!

やばい。何が言いたいのかわからなくなってきた。

とにかく、初期費用がかからないiphoneに変えた。
そして窓口のお兄さんが言いました。

「21年7ヶ月も契約している人を初めて見ました」
そうなんです。どこまでドコモに貢献してきたか(殆どは会社が払ってたけど)。
「だから、安くしてよ」とほとんどクレーマー状態。

そんなことを無視しながら話を進めるお兄さん。
「強制ではないのですが、あくまで強制ではないのですが、、
アップルさんから初期費用を取るな、と言われてるので
ドコモとしては最初の3ヶ月はお勧めオプションに入って頂いてます」

「ん?そういうの強制、って言うんじゃないの?
しかも、初期費用が掛からない、というから
シャープじゃなくてアップルにしたのに」とクレーマーそんとく。

「お客様、初月は無料ですので、
3ヶ月後に解約いただければ結構です。
で、映画と音楽はどちらを選びますか?」
と、またも無視しながら話を進めるお兄さん。

「お兄さんに負けた」と思いながら
結局お勧めオプション入ったけど、
超納得できない。

これは政経電論の「俺にも言わせろ!」
http://seikeidenron.jp/economics/20140310_essay_sontoku.html

で訴えるか。

前のページ

ガラケー

次のページ

花冷えの日

2コメント

seikeidenron

この前はWi-Fiの解約で面倒でした。入るときにはいいことばかり並べて、何が消費者本意だか。。。
同意です

2015.07.20 8:54 pm

jigo.

ケータイとかPCとか、初めに入るサービスの解約、ホント面倒なんですよね。ほとんど解約ゲームみたいになってる。

2015.04.02 12:46 pm

政経電論の新着記事

  • 有権者の意識低迷目立った参院選 与野党ともに“期待”させる政党になれるか

    2019.07.23

  • 「れいわ新選組」がネットで注目 新聞が取り上げない「諸派」って何?

    2019.07.12

  • 時間が無い人は投票前にこれだけチェック!参院選、各党政策まとめ

    2019.07.12

  • 野党共通政策: 共闘するも政党により扱いに違い【参院選2019】

    2019.07.10

  • 社会民主党:政党資格をかけた選挙【参院選2019】

    2019.07.10

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 吉本興業の社長って、ほんとに経営者なの?

    2019.07.23

  • 超低調だった参議院選挙

    2019.07.22

  • 宮迫と田村の記者会見

    2019.07.20

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード