×

編集長ブログ

花冷えの日

2015.04.06

日常

0コメント

桜が咲くこの時期
必ず雨が降る
そして、必ず花冷えが来る

ここ数年の僕の記憶では
「必ず」だ

せっかく咲いた花が
雨で散ってしまうなあ
と思っていたら

「多少の雨や風では花びらは散らないよ
散るのは寿命だから」
と言われた

なるほど
確かにいちいち風や雨で散っていては
直ぐになくなってしまう

桜も頑張って咲いている

新年度に入ったので
僕も頑張って花を開かせないと。。

前のページ

スマホ

次のページ

浪速のエリカ様??

政経電論の新着記事

  • なぜ日本は文化芸術に対する支援が少ない? 欧米との違い

    2020.05.28

  • ついに緊宣解除!さあどうする?佐藤尊徳編集長が喋り倒すニコ生5/26配信

    2020.05.25

  • 延期?ネット投票?記号式? withコロナ時代の選挙のあり方

    2020.05.22

  • スポーツを再開するリスク、再開しないリスク 国民に受け入れられるか否かが問題

    2020.05.22

  • 吉村府知事効果で維新が支持率上昇 アフターコロナで政界の図式も変わるか

    2020.05.22

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 困窮学生への現金給付に猛反対

    2020.05.19

  • 経済同友会代表幹事に物申す

    2020.04.18

  • 批判するなというが

    2020.04.17

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード