×

編集長ブログ

浪速のエリカ様??

2015.04.08

政治

0コメント

「国会議員の身分は法に触れない限り奪われません」
って、この物言い、品位に欠ける。。。

確かに制度上はそうかもしれないけど、
これでは国民が不幸だ

それだけ国会議員というのは重責を
背負うから身分が守られてる

不逮捕特権まであるのだから。
こういう輩は、法に触れたとしても
「国会議員は、国会会期中は逮捕されませんから
そのまま議員の仕事を全うします」
とか言うんだろうな

秘書と恋愛関係とかどうでもいいが
この発言、国会議員としてあるまじきだ

首長にはリコールがあって
有権者が解職請求できるけど
国会議員は有権者が解職請求はできない

だいたい、パンダみたいな化粧した奴に
「浪速のエリカ様」とか名付けた人のセンスを疑うわ

おそらく、沢尻エリカさんに因んだ
ネーミングなのだろう

沢尻さんに全くシンパシーはないけど
あの品のない言動(前述)をする国会議員と一緒にされては可哀想だ

だいたい、朝からワイドショーで長時間
この問題を取り上げてること自体がナンセンス
(見るな、って話ですね)

どうでもいいし、この女の話なんぞ

小選挙区で落ちて、比例復活とか
わけのわからん制度は
即刻廃止して欲しい

当選させる権利もあれば
落選させる権利もあっていいと思う

ゾンビのように復活する
比例重複制度はとにかくやめてほしい

それと、比例は党への投票で成り立つものなので
党籍を離れた場合(今回は維新の党を除名)は即刻議員の資格を失うべきだし
そういう制度にするべき

ああ、腹が立つ

前のページ

花冷えの日

次のページ

悪名は無名に勝る、けど・・・

政経電論の新着記事

  • なぜ日本は文化芸術に対する支援が少ない? 欧米との違い

    2020.05.28

  • ついに緊宣解除!さあどうする?佐藤尊徳編集長が喋り倒すニコ生5/26配信

    2020.05.25

  • 延期?ネット投票?記号式? withコロナ時代の選挙のあり方

    2020.05.22

  • スポーツを再開するリスク、再開しないリスク 国民に受け入れられるか否かが問題

    2020.05.22

  • 吉村府知事効果で維新が支持率上昇 アフターコロナで政界の図式も変わるか

    2020.05.22

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 困窮学生への現金給付に猛反対

    2020.05.19

  • 経済同友会代表幹事に物申す

    2020.04.18

  • 批判するなというが

    2020.04.17

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード