×

編集長ブログ

(統一地方選)民主衝撃、、って何が?

2015.04.13

政治

0コメント

今日のヤフーニュースのトップに
「民主衝撃 『回復の兆しすらない』と執行部批判も」
という記事が載っていた

「は?」何か衝撃が?

逆に、もし「党勢回復」というニュースがあったら
衝撃だったけど、何ら驚きはないでしょ?

以前もこのブログで書いたけど

政権担当時に中枢にいた人たちが
失政したあと、野党の幹部にまた就任して
党勢が回復すると思っていること自体あり得ない

安倍首相も一度失敗しているけど
野党時代は蟄居していた
(政権奪取する前2か月は野党の党首だったけど)

「昔の名前で出ています」状態の今の民主党では
10年経っても有権者の支持は戻ってこないな

あ、10年経ったら流石に「昔の名前」は無くなってるか

10年経ってまだ残ってたらもう救いようがないな

前のページ

悪名は無名に勝る、けど・・・

次のページ

清き一票って?

政経電論の新着記事

  • 旭酒造と島耕作コラボ再び 「獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 令和記念ボトル」限定発売&令和元年5月生まれの赤ちゃんを迎えた家族1000名にプレゼント

    2019.05.23

  • 米トランプ大統領を大相撲観戦させるのが最高の外交(もてなし)になる理由

    2019.05.23

  • 米中貿易摩擦のスケープゴート、ファーウェイ 包囲網はより厳しくも自社で打開可能?

    2019.05.22

  • 米中貿易摩擦は覇権をめぐる争い 最終章は「マネー」に行き着く

    2019.05.21

  • なぜ新生銀行が支援? スルガ銀行の再編は始まりにすぎない

    2019.05.20

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • コンビニ24時間営業

    2019.05.24

  • 性懲りもなくダービー予想してみた

    2019.05.23

  • 前日にオークスを予想してみた

    2019.05.18

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード