×

編集長ブログ

アメリカ中間選挙で実質トランプ政権にノー

2018.11.07

政治

0コメント

アメリカ中間選挙は、過半数は上院が共和党、下院が民主党という結果になった。これは大方の予想通り。

ねじれ現象になったが、実質民主党の勝利だと思う。

アメリカ中間選挙は下院が全議席の改選で、上院は2年毎に三分の一ずつの改選が行われる。日本で言えば、下院の選挙は衆議院総選挙で、上院は3年に一度半数が改選される参議院選挙と考えると理解しやすい。

今回の選挙で、上院(議席数100)は改選前共和党系51議席、民主党系49議席のうち、民主党系の改選は26議席、共和党系の改選はわずか9議席。ということは、非改選数は共和党42議席と民主党23議席。単純に考えて、改選35議席の9議席以上とれば共和党の過半数が決まる。逆に民主党は28議席以上取らなければ過半数にならない。ということで、上院の過半数は比較的簡単に取れたということになる。

定数435(任期2年)議席の下院は改選前、共和党が235議席で民主党が193議席、空席が7議席。過半数は218議席なので、大幅に議席を伸ばした民主党が国民の総意だった、と僕は結論付ける。

これで民意を受け取り、トランプ大統領が方向修正を試みればいいのだが、益々先鋭化しないかが不安の種だ。

前のページ

背中が痛い

次のページ

次は2年後のアメリカ大統領選挙がどうなるか

政経電論の新着記事

  • 二酸化炭素と水素から都市ガスを生成 親炭素技術「メタネーション」とは

    2021.9.16

  • 社名と事業が異なる企業たち【富士フイルム・日立造船・凸版印刷】

    2021.9.14

  • 菅内閣の成績表~新型コロナ対応・デジタル庁・最低賃金引上げ

    2021.9.13

  • 容器再利用プラットフォーム「Loop」で“捨てるという概念を捨てる”生活へ

    2021.9.13

  • 原発の大規模再稼働がなければ成立しない日本の危うい脱炭素エネルギー戦略

    2021.9.6

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 誰が何と言おうと僕は野田聖子推し(押し)

    2021.09.16

  • 選挙は終わるまでわからない。東京都議選

    2021.07.05

  • 接種券届いたが

    2021.06.29

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード