×

編集長ブログ

ソフトバンク公募価格割れ

2018.12.19

経済

0コメント

大型上場として市場の注目を集めていたソフトバンクが上場した。

親会社のソフトバンクグループは持ち株会社(投資会社?)のようなものになった。本日の時価総額で9兆円もあるのだから、大したものである。

携帯の事業会社として、ソフトバンク単体で上場をしたのだが、公募価格1500円を一度も上回ることなく、終値は1282円。時価総額は6兆円強となった。もし、1500円の公募価格の値が付いていれば、7兆円の時価総額だから、今日だけで1兆円もの時価が吹き飛んだ計算だ。

まあ、妥当だろう。今日は地合いが悪かったことを差し引いても、元々1500円は高いのではないかと思っていた。

IPO株は成長性を期待されたベンチャー企業が多く、公募では抽選で当たらなかった投資家により、初値が大きく撥ねることが多々あるが、それはこれからの成長性を期待されたもの。

ソフトバンクはこれから競争が益々激しくなり、政府からの値下げ圧力や、ファーウェイとの取引見直しなど、前途洋々というものでもない。また、同業のNTTドコモやKDDIと比べても、株価収益率(PER)も高い。年間の配当額が75円だから、5%以上の利回りになるので、このままの配当を続けていければ、高配当株になるのは間違いないのだが。

この先も公募価格を上回るには、新たな成長戦略が必要だ。

前のページ

河野外相、質問を4度無視

次のページ

今年の集大成は有馬記念で

政経電論の新着記事

  • 消費者が共感して参加する、東レの回収ペットボトル繊維「&+」

    2022.9.6

  • 木造建築の地位向上に寄与 日本最大級の木造マンション「MOCXION INAGI(モクシオン稲城)」

    2022.9.6

  • 拡大する対中強硬姿勢 アメリカに続きイギリス、オーストラリアも

    2022.9.2

  • 台湾をめぐり中国と米豪がにらみ合い 南太平洋を舞台に繰り広げられる大国間競争とは

    2022.9.2

  • アメリカの接近は福音か脅威の引き金か 自衛に傾き始めた台湾社会

    2022.8.31

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 安倍総理追悼

    2022.07.10

  • 参議院選挙

    2022.06.27

  • トリガー条項凍結

    2022.04.30

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード