×

編集長ブログ

今年の集大成は有馬記念で

2018.12.21

日常

0コメント

化け物牝馬アーモンドアイが出走すれば中山まで観に行こうと思っていたのだが、さすがに世界レコードでJCを勝った後に、出走回避。これは賢明な選択だろう。使い過ぎで故障してしまっては元も子もない。

JCはアーモンドアイとキセキを予想していただけに、買うのを忘れたあほな自分を責め続ける。

今年の有馬記念はちょっと小粒な感じだ。GⅠ馬は5頭(オジュウチョウサンは障害のGⅠ馬)しかいないし、レイデオロ以外のGⅠ馬は最近の成績が振るわない。どうもオールスターという感じでもない。

しかし、有馬記念を迎えないとどうも年を越す気分にならない。ほとんど病気だ、、

天皇賞を3着に逃げ粘り、JCではアーモンドアイに後塵を拝したとはいえ、今までの世界レコードを自身も更新するタイムで2着に逃げ粘ったキセキを中心に押したいのだが、やはり世界レコードで走った激走の疲れを考慮して、本命は天皇賞の勝利からゆったりとしたローテンションを取ったレイデオロ。

死角がないとまでは言えないが、オールカマー(2200m)で中山を勝っているし、充分に勝利の権利は持っている。

前述のとおり、キセキはJCの激走が気になるが、天皇賞、JCと続いた好走は本物。不良馬場の菊花賞も勝っている。距離が100mでも延びるのは歓迎だし、府中よりも中山の小回りの方が逃げるのは楽な気がする。土曜日の雨が残って馬場が渋ればなおチャンスはある。馬体重が大幅に減っていれば要注意だが、対抗以下には落とせないか。

あとはどんぐりの背比べとでも言おうか、ちょっとした穴馬を見つける気分だ。

そんな中、ミッキースワローを少し買ってみたい。JCはアーモンドアイやキセキからは離されたが、5着に押し上げた。上がり33.9秒はメンバー最速。中山ではデビュー戦の5着以外は2勝2着1回。中山巧者だ。金曜日時点で10番人気。馬券も妙味だ。

シュヴァルグランは秋2戦の負け方が気に入らないが、昨年のJC馬で有馬記念も3着。他の馬たちが冴えないので、抑えは必要だろう。

格としてはまだGⅡを勝ったばかりで一枚落ちるが、勢いという事で、パフォーマプロミスも少々抑えか。

これ以上手は伸ばせないので、一昨年キタサンブラックを抑えて有馬記念を勝ったサトノダイヤモンドや一昨年のダービー馬マカヒキ、今年の宝塚記念馬ミッキーロケットは切りだ。この中で唯一帰るとしたら天皇賞4着から参戦のミッキーロケットだろうが、ここまで買うと勝っても大して儲からない。

武豊騎乗のオジュウチョウサンが金曜日の時点で2番人気に押されてるが、10000mの芝のGⅠでもあれば勝つかもしれないけど、これは障害馬。平場では1600万下の条件馬で、芝のGⅠを勝てるとは到底思えない。夢馬券を買っているのだろうが、まず無理だ。前の日の中山大障害に出たら鉄板なのに、、

前のページ

ソフトバンク公募価格割れ

次のページ

ゴーン容疑者本丸の特別背任で再逮捕

政経電論の新着記事

  • 2021年ノーベル化学賞「不斉有機触媒の開発」を、身の回りの生活に関連させて解説を試みる

    2021.10.20

  • 【衆院選】似通う与野党の公約、最重要の経済政策は「分配」の方法に違い

    2021.10.20

  • 脱炭素輸入エネルギーの主力は何? 水素の低コスト化で火花を散らす3方式

    2021.10.18

  • 衆議院解散、コロナ収束後の国のあり方を問う総選挙へ

    2021.10.14

  • プラスチックごみ削減に加速 企業&自治体の取り組み

    2021.10.14

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 岸田総理誕生

    2021.09.30

  • 誰が何と言おうと僕は野田聖子推し(押し)

    2021.09.16

  • 選挙は終わるまでわからない。東京都議選

    2021.07.05

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード