×

編集長ブログ

風邪をひいた

2019.01.17

その他

0コメント

三連休の初日、寒空の中ラグビー観戦をした。帰宅すると鼻水が止まらない。ゲッ、今年は随分と早く花粉が襲来したものだと本気で考えた。

朝早く目が覚めると寒気が。しまった、これは絶対に発熱する、インフルエンザかもしれないと熱を測る。微熱程度だった。しかし、体の調子が良くない。病院はほとんどやっていないが、幸い二日間は仕事が休みだ。僕が倒れたらわが社は終わりだから、病気をするのはいつも週末。病気をしないことが一番なのだが、体にもサーモスタッドが備わっているだろうから、調子が悪くなるのはたまには仕方がない。(年を取ったとは認めたくない)

予想通り時間が経つにつれ、熱も上がり38.1度まで上がった。咳も止まらない。アマゾンプライムに加入していて良かった。ここは二日間パソコンでビデオをひたすら観よう、と心に誓う。寝ているので本は読めないし。

当然、葛根湯ではもう効きもしない。諦めた。休日診療に行く(多分凄く混んでる)のも億劫なので、平日になる火曜日まで待つことにした。うちのマンションにはクリニックが併設されていて、寝巻にジャンバーを羽織ればサンダルで行けるのだ。そんな理由で高熱を耐えるのもどうかと思うが、、、

診療時間は9時30分からのはず。9時31分にエレベーターを降りて到着したら、沢山の患者さんが。院長の息子さんが勤務医として入り、開業も9時からに変わったようだ。出る前にインターネットで調べたのに、、、因みにホームページはなく、エリアガイドだ。ネット情報も当てにならない昨今だ。

結局診療が終わったのは2時間後。しかも、僕のあとはほとんど患者が来なかったので、11時に入ったとしても、11時30分に診察できただろう。失敗だ。2時間分読書が出来たのでいいのだが。

インフルエンザは陰性。うちのスタッフは良かった、と言ってくれたが果たしてそれがいいのか。結局咳止めと解熱剤を処方されたのだが、インフルエンザであればリレンザなどの特効薬(?)があるが、風邪となると抗生物質などを投与して、耐性を高めるしかない。

症状はほとんど同じなのに、対症療法をするしかないのだ。良かったんだか悪かったんだか。人にばい菌扱いされないだけマシか。

因みに本日は熱も下がり、咳がたまに出るだけ。やはり健康が第一だ。

 

前のページ

文在寅大統領はとにかく嫌い

次のページ

ボヘミアンラプソディー

政経電論の新着記事

  • バイオマス原料は石油依存からの脱却につながるのか

    2021.3.5

  • 自民党の顔は誰がいいのか 秋の総裁選大予想

    2021.3.1

  • 障がいのある人を在宅SEとして養成・雇用。三菱商事太陽が目指す共生社会

    2021.3.1

  • 次世代エネルギー「水素」と「人工光合成」で温室効果ガス完全ゼロへ

    2021.2.26

  • バスとタクシーが融合! 快適な次世代型移動サービス「E-バス」の可能性

    2021.2.25

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 離党届を出せば済むのか。

    2021.02.01

  • 政治は結果責任。

    2021.01.07

  • 2030年にEV車とは言うが

    2020.12.17

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード