×

編集長ブログ

宮迫と田村の記者会見

2019.07.20

社会

0コメント

芸能人はなぜか敬称が無くてもいいらしい。それが芸名だからなのか、そういうもののようだから、僕も継承無しで書かせて貰う。

吉本興業の対応が今後メディア(ネット上も)で取り上げられそうだが、僕は会見そのものに興味があったので、その中身についての論評は機会があれば。仕事柄、企業が発する会見をよく見るからだ。僕が注視するのはほとんどが謝罪会見だが。

宮迫と田村も謝罪会見と言っていいのだろう。謝罪会見としては上出来だと思う。嘘偽りは真摯に答えていた。自分の誤りを素直に認め、言い訳するようなこともなかった。謝罪会見で一番まずいのが、言い訳をすることだ。ほとんどが火に油を注ぐ。自らの主張をしたいのが人の常だが、それはダメだ。しばらく前になるが、日大のアメフトの悪質タックルについては、関係者が言い訳じみたことを言うので、世間から袋叩きにあった。

そういう観点から言えば、今回の会見自体は満点に近かったのではないかと思う。言い方は悪いが、情緒的な日本人からみれば、涙を流して非を認める人間を攻撃はしない。風向きは確実に変わっただろう。

だからといって、僕は彼らが嘘をついていたことや、ごまかそうとした事実が消されて、はいそうですか、とは思わない。反社会的勢力と関わってしまったことは、芸能界においては非常にイメージが悪い。芸能界でなくてもそうだが、知らなかったとはいえ、このイメージをを払しょくするには今後の行動や言動で示すしかない。

今日流した涙を糧に再スタートを切って欲しい。

前のページ

選挙に行こう

次のページ

超低調だった参議院選挙

政経電論の新着記事

  • 小田急下北沢駅南西口に“ラウンジ”が誕生 地元民の新たな交流拠点に

    2022.1.20

  • 10増10減反対論の理由と、政治が都市部の声を反映しない理由

    2022.1.14

  • メタバースはオンラインショッピングを変え得るか?

    2022.1.14

  • 良いインフレ・悪いインフレ 日本はスタグフレーションに陥ったのか

    2022.1.13

  • 【2022年の経済】世界は通貨価値の変動、国内は企業の過剰債務の解消に注目

    2022.1.13

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 立憲民主党の大惨敗

    2021.11.01

  • 岸田総理誕生

    2021.09.30

  • 誰が何と言おうと僕は野田聖子推し(押し)

    2021.09.16

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード