×

編集長ブログ

存在の耐えられない軽さ

2015.08.14

政治

0コメント

政治の世界では、最後(もしくは一番重要)の肩書きがずっとついてまわる
政治でなくとも、野球でも監督業を辞めた後も
「監督」と呼ばれる

元総理でも、元は付けずに
「総理」と呼ばれることになる

安倍首相が第一次政権を降りたあとも
ずっと「総理」が呼称だった
そしたら、ほんとに返り咲いたのでびっくりだったけど

官房長官経験者は「官房長官」と呼ばれる
それが、その人を敬う呼び方なのだ

でも、この人だけはこの呼称を白紙に戻して欲しい

鳩山由紀夫氏だ。

どんなに軽い人間でも、
元総理ともなれば、その発言はとても重いものになる

「存在の耐えられない軽さ」という本があったが
この人の発言は耐えられない軽いものだ

クリミヤを訪問して、ロシア側に立ち
韓国で土下座をして、謝罪をする

現職時代は「トラストミー」「最低でも県外」などの
迷言を残し

(悪い)記憶にだけは残る総理だった

職を辞しても元総理大臣なのだから
それなりの自覚を持てないのかね?この人は

ま、無理だろうな。元々その素養はない。

せめて、日本国籍を剥奪して欲しい。。。

前のページ

3年目を迎えて改めて思う

次のページ

世の中甘くない

政経電論の新着記事

  • 「SHISEIDO」初のブランド旗艦店から発信する“近未来のビューティー体験”とは

    2020.11.27

  • 渋谷を爆破!「アンフェア」原作者×「SP」監督のクライム・サスペンス映画『サイレント・トーキョー』

    2020.11.25

  • 世界秩序の担い手はアメリカから中国へ? 試金石はTPPとRCEP

    2020.11.24

  • 中国には厳しく欧州とは調和。バイデン外交の行方

    2020.11.20

  • ティアはリアルでいく 変えてはいけない葬儀のかたち

    2020.11.20

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 菅総理誕生へ

    2020.09.14

  • 立憲民主党

    2020.09.10

  • 安倍総理電撃辞任 先ずはご苦労様と言いたい

    2020.08.28

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード