×

編集長ブログ

定数削減を今すぐやれ

2016.02.12

政治

0コメント

自民党の細田元幹事長代行が
定数削減に関して
「血の通わない結果だ」
と否定的な見方を示した。

アダムス方式だと被災地も削減に入るから
との理由だそうですが、、、

被災地だとなんでも特別でしょうか?
削減されたら、それに比例して声が届かなくなるのか?

国政を担っている以上
地元の利益だけの代表というのはおかしい

出身地のことでなくても
必要だと思ったら別の地域から出てきた議員が
声を挙げればいいのでは?

実際に、横須賀出身の小泉進次郎氏は被災地の代表のような活動もしていた

単なる屁理屈で定数削減を自民党はやる気がないのでは?

三党合意でやるって言ったのに、、、

法の下の平等で、一票の格差を極力なくそうと努力しているときに
被災地は別に考えましょう、では理屈に合わない

断固声を挙げたい。

政治家は約束したことを履行する義務がある。
定数削減は最大限の努力をして
真っ先にやるべき問題だ。

選挙民が甘いから、つけあがる。
イクメン不倫議員だとか、スキャンダル辞任大臣だとか
もう少し違う報道がないのか。

まったく。

前のページ

ラグビー勝手に解説

次のページ

文春飛ばしてるなぁ

政経電論の新着記事

  • 五感で味わう「アサヒスーパードライ」 没入体験でビールの魅力を深掘り!

    2024.5.10

  • 子どもが一歩を踏み出す勇気に 「ペッピーキッズクラブ」が目指す新しい英会話教室のかたち

    2024.5.1

  • 「医師の働き方改革」にも寄与 医療現場を革新する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」

    2023.12.14

  • パラスポーツのサポートを通じて次世代が活躍できる環境を【三菱商事の社会貢献活動50年】

    2023.12.1

  • ボーダーレス化が進む電機業界と自動車業界【CEATEC2023】

    2023.11.30

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 女性局フランスへ

    2023.08.04

  • シーリング効果

    2022.12.07

  • ロシア産原油輸入に上限価格設定

    2022.12.05

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード