×

編集長ブログ

書籍執筆苦しむ

2016.02.19

日常

0コメント

双葉社さんが僕の本を作ってくれると
昨年から取り掛かっている。

しかしまあ、僕の筆が遅い遅い。
と自慢してる場合じゃなく、
関係各位に本当に迷惑を掛けている。

僕のお付き合いの中で
親しくネームバリューのある人9人が登場して
「曲げない力」が、どのように成功に作用したのかを浮き彫りにする企画だ

さて、なぜ筆が進まないかというと
雑誌の記事を書くのと
書籍を書くのが全く別物だからだ

政経電論の僕の記事は
事実の羅列に僕の意見をぶつければ書ける。

しかし、書籍は何らかのメッセージや啓蒙
気付きなどを与えないといけない。

担当編集者の安東さんに
直しを入れてもらい何とかかんとか書き上げている。

1月下旬発売予定だったのだが、
遅れに遅れ4月に出せればいいですね、などと言われている

みなさんごめんなさい。僕のせいで。

いいものを作りますので、ご容赦ください。

前のページ

文春飛ばしてるなぁ

次のページ

コブに飛ばされ

政経電論の新着記事

  • “禁書”は皆無 政治本は無くとも歴史書で香港の価値を伝える

    2021.8.4

  • エンプラに革新、東レ「しなやかでタフなポリマー材料」

    2021.8.3

  • 松坂桃李vs鈴木亮平、マル暴刑事が最凶やくざと死闘を繰り広げる衝撃映画『孤狼の血 LEVEL2』

    2021.7.30

  • ニューノーマルな暮らし×色あせないデザイン 流行と伝統が調和する三井ホームの新邸宅

    2021.7.21

  • 夫婦別姓、セクシャルマイノリティ…裁判所任せでなく国会で議論を

    2021.7.19

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 選挙は終わるまでわからない。東京都議選

    2021.07.05

  • 接種券届いたが

    2021.06.29

  • 宝塚記念

    2021.06.24

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード