×

編集長ブログ

岸田総理誕生

2021.09.30

政治

0コメント

結果は予想通りだった。

途中経過は少し意外。自民党総裁選は河野氏が1位で岸田氏が2位の予想をしていたから。

それは誰もが予想外だったに違いない。1票差であっても順位は大きい。

2位3位連合で逆転されるのとは訳が違う。

小泉進次郎大臣が総括するように河野陣営は完敗だった。改革派として党員票を圧倒的に集める作戦だったのだろうが、それまでの舌鋒鋭さも影を潜めたら叶わないだろう。

原発0も女系天皇も賛否は別にして、今までの主張を封印したら圧倒的な支持は得られない。もう今後の挽回も難しい。

ま、河野氏の敗因はいいとして、岸田新総裁の今後を独断と偏見で占おう。

来年の参議院選挙前後までの短命だ。多分、、、、

岸田氏は8月末にいち早く菅政権に対して、総裁選立候補を表明して、権力に対峙する姿勢を示した。これで、今までの優柔不断で禅譲だけを狙っていたイメージを払拭したかに見えたが。菅総理退陣によってその目論見は崩れ去った。

菅さんを支持していた細田派(安倍前首相)、麻生派に気を遣わなければならず、改革路線もトーンダウン。河野氏の自滅(前述の通り、小泉純一郎のように降り切れなかった)もあり、総裁選には勝ち切ったが、派閥の論理がまかり通ったのは国民の目に明らか。

確かに権力を掴むには、清濁併せ飲み迎合も必要だろうけど、報道される人事を見ていても、重鎮たちに気を遣う感じがアリアリ。

ドラスティックな改革はそもそもできない人なのだろうから、この乱世は長続きしない。

続きは来週月曜日のニコ生で。

前のページ

誰が何と言おうと僕は野田聖子推し(押し)

次のページ

立憲民主党の大惨敗

政経電論の新着記事

  • 必要なのは信頼と透明性 デジタル先進国フィンランドから学ぶ、公共サービスの在り方

    2021.12.2

  • 世界的財政悪化で法人税は最低15%以上に 議論される「永久国債」とは

    2021.12.2

  • 立憲民主党新代表に泉健太氏(47) 衆院選の“左傾化”戻す?

    2021.12.1

  • 環境負荷低減を追求し缶ビール容器包装が進化! 業界をリードするアサヒビールの新パッケージ「エコパック」「202径アルミ缶蓋」

    2021.11.29

  • 野党の“新たな顔”か、埋没か 立憲民主党代表選の立候補者に違いは?

    2021.11.26

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 立憲民主党の大惨敗

    2021.11.01

  • 岸田総理誕生

    2021.09.30

  • 誰が何と言おうと僕は野田聖子推し(押し)

    2021.09.16

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード