×

編集長ブログ

誕生日も忘れてる息子

2016.03.28

日常

0コメント

二週間前に
休みの日に事務所で仕事をしていると
母から携帯に電話が。

また、オレオレ詐欺にでも引っかかりそうになったか?
(以前本当に引っかかり、お金を降ろしに銀行に行き
そこで警察を呼ばれた)
と電話を取る。

「あんた今から来れる?」と言うから、
「出てるから行けない。用件は?」と聞いた。

長男(兄がいたが、生後半年で死別したので、戸籍上、僕は次男)の僕は
年老いた両親の近くに家がある。

「あんたにいい話。来たら教える」と言うので、
「言わないなら行かない」と押し問答。

面倒だったので、電話を切った。

お互い子供か!
僕は、いくつになっても母の子だけど。

この週末に姉に呼ばれて実家に行った。
姉は母の誕生日だから家に来ていたのだが、
息子の僕は、そんなこと(誕生日)すっかり忘れていた。

母の話は案の定、携帯に急にかけてくるような
話ではなかった。
思い立ったら直ぐに行動しないと
気が済まない母の性格を僕は知っている。

73歳にして、高校に入学してしまったのもそう。
(機会があればこれも書くが)

それよりも、わざわざ実家の近くにいるのに、
母の誕生日を平気で忘れる息子は駄目だな、、、

前のページ

高校生の政治活動制限はおかしい

次のページ

餃子の王将

政経電論の新着記事

  • 超高齢化社会、地方の過疎化で変わる“クルマ社会” 日産自動車の次世代モビリティへの取り組み

    2024.6.19

  • 政策から、社会・地域を考える。 社会人大学院「社会構想研究科」新設置。

    2024.6.18

  • 年収1000万円も!ミドル・シニアのセカンドキャリア最前線

    2024.6.4

  • 五感で味わう「アサヒスーパードライ」 没入体験でビールの魅力を深掘り!

    2024.5.10

  • 子どもが一歩を踏み出す勇気に 「ペッピーキッズクラブ」が目指す新しい英会話教室のかたち

    2024.5.1

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 女性局フランスへ

    2023.08.04

  • シーリング効果

    2022.12.07

  • ロシア産原油輸入に上限価格設定

    2022.12.05

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード