×

編集長ブログ

節操がない。。

2014.11.15

政治

0コメント

この前も書きましたが、我々の世界では衆議院解散の話題一色。
そんでもって、何のために解散するのかな?
何が争点かな? と思っていたら、なんと民主党も消費税増税の延期を容認するんだと。

はー。 じゃあ何のための解散なんだ?
意味がわからない。

大体、今回の消費税増税を定めた法律には 附則18条というものがあって、(景気弾力条項)、景気動向によっては増税延期が出来ると定めています。

なのに、信を問うの?
しかも、誰も増税延期に反対しないのに?

民主党の野田前首相は首相当時マニフェストに増税しないと書いてあったにも拘らず財務省の言いなりになって、あれだけ増税に向かって邁進していたのだから、今回安倍総理に噛み付くのだと思ったけど?

言ってあげれば?
あなた(野田前首相)が言われたように「嘘つき!」って。

自分達の支持がないと それも言えないか。
民主党は自らの失政が招いた結果だけど、 だらしない。
というか、悪い意味で大衆迎合して自らの主張を無くしている。

本当の節操なしだ。

前のページ

社会保険料とは

次のページ

流れに乗る

政経電論の新着記事

  • バイオマス原料は石油依存からの脱却につながるのか

    2021.3.5

  • 自民党の顔は誰がいいのか 秋の総裁選大予想

    2021.3.1

  • 障がいのある人を在宅SEとして養成・雇用。三菱商事太陽が目指す共生社会

    2021.3.1

  • 次世代エネルギー「水素」と「人工光合成」で温室効果ガス完全ゼロへ

    2021.2.26

  • バスとタクシーが融合! 快適な次世代型移動サービス「E-バス」の可能性

    2021.2.25

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 離党届を出せば済むのか。

    2021.02.01

  • 政治は結果責任。

    2021.01.07

  • 2030年にEV車とは言うが

    2020.12.17

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード