×

編集長ブログ

カジノ実施法案衆議院通過

2018.06.22

政治

1コメント

過日、IR実施法案が衆議院を通過した。

メディアは、これをカジノ法案と呼んでいる。

正確には「特定複合観光施設区域整備法案」というが、焦点はカジノばかり。

僕はこの法案に特に反対ではない。ギャンブルなど自己責任。パチンコ店が全国にこれだけ散らばっているのに、何を今更反対してる、という感じ。

反対派の論調のほとんどが、ギャンブル依存症対策がなされていない、とか。そんなんどうでもよくない?(と僕は思う)借金を重ねて、身を亡ぼすのも成人なんだから、誰かが管理するものでもないだろ。そのために、カードローンなどは年収制限を設けているいるし、自己規制もあるのでは。

それで犯罪率が上がり、治安が悪くなる、というのであれば問題だが、依存症対策云々の議論はナンセンス。与党の公明党が依存症対策を厚めになどと言っているが、それは大きなお世話。そこまで言うならやめりゃあいいのに。

とはいえ、政府もなんで急に通そうとしたのかね。そこまで重要法案だとも思えないんだけど。利権でも絡んでいるのかしら?と勘繰りたくなる。確かに5年間も議論してきたのだから、もういいだろ、ということなんだが、なんかしっくりいかない。

入場料を6000円取るとか、週に3回、28日間で10日までとか、ほんとにナンセンスだ。。

だったら、競馬場(因みに中央競馬は入場料200円)も、パチンコ屋も同様にしたらいいのに。とにかく、成立させたいがためのエスケープにしかみえないし、こんなんじゃ、逆に経営もうまくいかないだろう。

全く経営が分かっていない人たちが、議論して、折衷案(にもなっていないが)でIR法案を成立させようというのでは、経営的に上手く行くはずがない。

あとは参議院を通過して、候補地が決まっていくのだろうが、そこに政治的な介入がないか、じっくりと監視を強めないと。さすがに、モリカケでここまで責められてるんだから、まさかそんなことはないと思うけど。

前のページ

サッカーワールドカップ始まる

次のページ

寝ないと体重が増える

1コメント

かめこ

パチンコは良いのにカジノはダメって理屈がわかりません。やっぱり、政治家の先生達は与野党問わず、パチンコ業界から献金されてるのかと思います。それに、警察のOBもパチンコ関係者にいそうですしね。

2021.03.28 11:28 pm

政経電論の新着記事

  • 【ニッカウヰスキー創業90周年】「創業90周年方針説明会」で発表された取り組みから見える、未来への壮大な夢と覚悟

    2024.6.25

  • 超高齢化社会、地方の過疎化で変わる“クルマ社会” 日産自動車の次世代モビリティへの取り組み

    2024.6.19

  • 政策から、社会・地域を考える。 社会人大学院「社会構想研究科」新設置。

    2024.6.18

  • 年収1000万円も!ミドル・シニアのセカンドキャリア最前線

    2024.6.4

  • 五感で味わう「アサヒスーパードライ」 没入体験でビールの魅力を深掘り!

    2024.5.10

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 女性局フランスへ

    2023.08.04

  • シーリング効果

    2022.12.07

  • ロシア産原油輸入に上限価格設定

    2022.12.05

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード