×

編集長ブログ

イチロー引退

2019.03.22

その他

0コメント

メジャーリーグのイチロー選手が引退した。

最後の試合を観戦できたことは幸せだった。

一昨年の暮れに、偶然イチロー氏とお酒を飲む機会に恵まれた。酒量もかなり多く、少し酔っていた彼はとても饒舌だった。テレビなどを見て持っていた印象とは180度違い、ユーモラスでとても明るかった。

それから、彼が神戸でほぼ毎晩通うという牛タンのお店(僕は一緒には行けなかったが)に行ったり、彼を陰ながら応援するようになった。まあ、ほとんど出場機会に恵まれなくなった後だったから、その応援も届かなかったのだが。

飲みながら、いろんなことを聞いてみた。日本に帰るつもりはなかったのか、など。

「二度ほどそう思うこともあった」と答えてくれた彼にも色々と苦悩があったのだと知れた。理由は明かさないでおこう。彼もオフレコのつもりで喋ったのだろうから。

野手として大リーグへの脚掛かりを作ったのはイチローだったし、偉大な記録と記憶に残るのは間違いない。

これからどのような野球人生を歩むのかはわからないが、ありきたいにお疲れ様、とは伝えておきたい。

前のページ

幼児教育・保育無償化正式決定したが

次のページ

自民党総裁4選論急浮上

政経電論の新着記事

  • 「SHISEIDO」初のブランド旗艦店から発信する“近未来のビューティー体験”とは

    2020.11.27

  • 渋谷を爆破!「アンフェア」原作者×「SP」監督のクライム・サスペンス映画『サイレント・トーキョー』

    2020.11.25

  • 世界秩序の担い手はアメリカから中国へ? 試金石はTPPとRCEP

    2020.11.24

  • 中国には厳しく欧州とは調和。バイデン外交の行方

    2020.11.20

  • ティアはリアルでいく 変えてはいけない葬儀のかたち

    2020.11.20

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 菅総理誕生へ

    2020.09.14

  • 立憲民主党

    2020.09.10

  • 安倍総理電撃辞任 先ずはご苦労様と言いたい

    2020.08.28

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード