×

編集長ブログ

レジ袋有償化って意味が分からない

2019.06.03

社会

0コメント

別に、支払いをしたくない、というのではない。環境問題に無関心というのでもない。

プラスチックを含んだレジ袋は環境に害悪だ、というのなら、いっそ有償でも配布を禁止すればよい。

有償としたレジ袋代金は環境対策(一種の環境税)に使う、というのであれば、プラスチックの弁当容器、おにぎりの包み、食品包装用ラップなどなど、全てのプラスチック製品に環境税を付加しなければ、公平とは言えない。

企業努力で、レジ袋のコストを吸収しているのだとしたら、それを政府が管理するなど、この国は社会主義国家か。

レジ袋だけを狙い撃ちにする意味が分からない。

前のページ

もう少し考えて取材しろ 川崎殺傷事件

次のページ

ViViが自民党の広報誌に

政経電論の新着記事

  • 災害時の切り札に ポスト内燃機関はEVが有力候補

    2019.11.14

  • 目指すはCO2排出量90%減! HINOのハイブリッドはAIを駆使して実現

    2019.11.14

  • 公費5000万円で後援会員を接待? 首相主催「桜を見る会」、批判殺到で来年中止も疑惑はいずれ解明

    2019.11.14

  • DREAM AS ONE.の5年で気づいた障がい者スポーツの“応援の輪”を広げる方法

    2019.11.11

  • くさいアンモニアが低炭素社会のカギ握るかもしれない

    2019.11.05

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 軽井沢で休養

    2019.08.13

  • ファスティングに挑戦しよう

    2019.07.29

  • 祭り(選挙)のあと

    2019.07.25

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード