×

編集長ブログ

2030年にEV車とは言うが

2020.12.17

社会

0コメント

日本海側を中心に大雪が降って、車が立ち往生しているらしい。

何年かに一度こういうことが起きる。過日、大手保険会社の方が、今年は大きな台風被害がなかったが、雪害が来るような気がしている、と言っていたが本当にそうなった。

スキー狂いの僕は雪が降ると嬉しくなってくるが、ここまで一気に降ると、現地の方は大変な思いをされているのだろう。スキー場だけ降るという訳にはいかないから。

さて、僕の車は雪道仕様で、四駆のスタッドレスだが、それでも滑る時は滑る。もし立ち往生したら、車で過ごす以外にない。

中国も2035年にEVの比率を50%まで高める。100%でないのは、極寒の地などEVだけではカバーしきれない場所もあるとのこと。そうなのだ。電池のバッテリーは寒さに弱い。ガソリン車はエンジンの暖気で暖房を効かせられる(ガソリンを使わない訳ではない)が、バッテリー車は暖房効率もガソリン車に比べれば良くない。2030年には技術革新でもっと進歩はしているだろうが、雪国で立往生でもしたものなら、どうするんだろう。

ガソリン車もガソリンが無くなれば駄目なのだが、給油するだけのガソリン車と、充電器が無ければ補充出来ないEV車ではガソリン車に軍配が上がるような気がする。確かに、環境問題は喫緊の課題だが、危機対応も万全にして貰いたいものだ。

前のページ

菅総理誕生へ

次のページ

政治は結果責任。

政経電論の新着記事

  • 次世代エネルギー「水素」と「人工光合成」で温室効果ガス完全ゼロへ

    2021.2.26

  • バスとタクシーが融合! 快適な次世代型移動サービス「E-バス」の可能性

    2021.2.25

  • 中国「海警法」の成立と尖閣諸島の行方

    2021.2.24

  • サーキュラーエコノミー(循環型経済)が世界を変える

    2021.2.23

  • バイデン政権下で変化する中東相関図とリスク

    2021.2.22

佐藤尊徳

株式会社損得舎
代表取締役社長/「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌「経済界」の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌「政経電論」を立ち上げ、現在に至る。著書に『やりぬく思考法 日本を変える情熱リーダー9人の”信念の貫き方”』(双葉社)。
Twitter:@SonsonSugar
ブログ:https://seikeidenron.jp/blog/sontokublog/

新着記事︎

  • 離党届を出せば済むのか。

    2021.02.01

  • 政治は結果責任。

    2021.01.07

  • 2030年にEV車とは言うが

    2020.12.17

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード