×

編集長ブログ

さあどっちが勝つかな?

2017.10.06

政治

2コメント

10月22日は突然の総選挙。

国民にとってはなんで選挙をやるの?
という想いが大きいに違いない。
僕は、全く意味が分からない。

何度も言うが、与党が勝てると踏んで(あまり大負けしない)
身勝手に解散をしたとしかみえない。

で、相手はどうかというと、
混乱を生んで段々とイメージが地に墜ちてきた小池さん

同じ右寄りの思想じゃないか、
自民党と希望の党は違いがない、
という人がいるが、
大きな違いがある。

既得権益者の味方(本人たちは認めないだろうが)の自民党と
個人の風頼みの希望の党。

だからと言って、希望がいいとは言ってないが。

さて、どっちが勝つか、ではなく大負けするのはどっちかな?
と毎日わくわくしてみている。

前のページ

銃規制はできないのか。

次のページ

またやってしまった。。

2コメント

せんぷうき

大負けするのをワクワクしてみるってどういうこと??それこそ意味がわからない。そんなもの必要か?政治に求めているのは買った負けたではないのだが。

2017.10.07 7:43 am

まこと

自民党は歴史があって希望の党にはないってこと?

2017.10.06 8:28 pm

政経電論の新着記事

  • 海外ドラマを字幕で見ても英語は上達しない? 戸田れいの海外アーティストインタビューへの道「RIZAP ENGLISH」

    2018.01.19

  • 5万円以下の株式投資は好業績の放置系割安株を狙え

    2018.01.16

  • なぜ横綱に「品格」が必要か

    2018.01.15

  • エルサレム首都承認でトランプ米大統領が得るもの

    2018.01.12

  • 人と人との関わり合いが無ければ「教育」は成り立たない

    2018.01.09

佐藤尊徳

株式会社損得舎・代表取締役社長
電子雑誌「政経電論」編集長

佐藤尊徳さとうそんとく

趣味:野球観戦、競馬

新着記事︎

  • 小室哲哉氏引退

    2018.01.19

  • 引っ越し

    2018.01.16

  • 仮想通貨

    2018.01.12

  • 記事一覧へ

カテゴリー

RSSフィード