×

用語キーワード

財務次官セクハラ問題ざいむじかんせくはらもんだい

セクハラに対する意識の低さが露呈

財務省事務方のトップである福田淳一事務次官が、女性記者に対しセクハラ行為を繰り返していたとされる問題。2018年4月12日発売の『週刊新潮』が、福田次官によるセクハラの実態を、複数の女性記者たちからの証言やセクハラ発言の詳細を掲載。

この報道を受け、麻生太郎財務相が「緊張感を持って対応をするように」と福田次官に訓戒を述べるにとどめ、処分はしない考えを示したことに対し、野党の女性議員たちが強く抗議した。

4月13日には、新潮社が運営するウェブメディア「デイリー新潮」が、福田次官のセクハラ発言を録音したとする音声データを公開。しかし、財務省による聞き取り調査で福田次官は、報道内容を否定。

財務省は、一方の当事者である福田次官からの聴取だけでは事実関係の解明は困難であることを理由に、記者クラブの加盟各社に、セクハラを受けたとする女性記者に財務省が指定する弁護士へ連絡するように依頼した。セクハラ被害を訴える女性記者に名乗り出るよう求めた財務省の対応に対し、マスコミや弁護士から強い批判の声が出た。

4月18日、福田次官は突如辞任を表明。記者会見を開き、セクハラ行為については認めず、あくまで職責を果たしていくことが困難な状況になったことが理由だと語った。

4月19日、テレビ朝日の報道局長が会見を開き、同社の女性社員に対する福田次官からのセクハラ行為があった事実を公表。財務省に正式に抗議する姿勢を表明した。

被害を受けたとされるテレビ朝日の女性社員は、1年半ほどの間に数回、取材目的で福田次官と1対1で会食したが、その度にセクハラ発言があったという。自らの身を守るために会話を録音し、上司にセクハラの事実を報じるべきではないかと相談したが、当初テレビ朝日は、放送すると本人が特定され2次被害が心配されることなどを理由に報道しなかった。

今後もセクハラ被害が黙認され続けてしまうのではないかという強い思いから、テレビ朝日の女性記者は『週刊新潮』に連絡し、取材を受けたとされている。

「セクハラ」よりも、「反省」を知らない大臣と官僚

財務省の事務次官は、エリートの中でも“超”のつくエリート。勉強を一生懸命頑張って、優秀なライバルに競り勝って、今の地位まで上り詰めたのに、何をしているんだかね。

彼の中ではセクハラではなかったんだろうよ。軽口のつもりだったんだろう。仲が良い記者だから、冗談も通用すると。でも、世間ではセクハラだったんだよ。その認識ができなかった彼の負けだね。録音テープを聞いたある女性議員は「あれはアウトよ」と言っていたもんな。

事実が明らかになったとき、反省して謝罪していれば、ここまで大きな問題にはならなかったんじゃないの。「ハニートラップ」だの「はめられた」だの言っているから、延焼したんだよ。例えそうだとしても引っかかる方が悪い。

麻生財務大臣も事実関係を確認もしないで、うっかり福田次官を擁護するような発言をするから、問題が燃え広がるんだよ。事実を証明してから発言しろ! セクハラよりも「反省」という言葉を知らない彼らに腹が立つ。世間はこんな不祥事はすぐに忘れるけど、僕は忘れないからな。

 2019.02.15更新

財務次官セクハラ問題に関する記事

    財務次官セクハラ問題に関する記事は見つかりませんでした

知りたい用語・キーワード

  • カテゴリー別
  • 50音別
政治
経済
社会
ビジネス
企業
技術・科学