×

用語キーワード

GDPじーでぃーぴー 国内総生産

「Gross Domestic Product」の略称で、日本語では「国内総生産」といい、国内で1年間に生み出されたモノやサービスの総額。一般に国内経済の規模や国力を計るバロメーターにも用いられ、GDPの前年比である“成長率”は、国の成長の指標とされている。

日本のGDPは2009年に中国に抜かれて以来、アメリカ、中国に次いで世界第3位だが、GDPの総額を国の人口で割った数値「一人当たりGDP」では、日本は22位(2016年)。一人当たりGDPのトップ3(2016年)は、ルクセンブルク、スイス、ノルウェーの順。GDP総額で世界1・2位のアメリカと中国は、一人当たりGDPでそれぞれ8位と73位。一人当たりGDPは、国民一人当たりの裕福度合を示すともされているが、ドル建てで計算されるため為替の影響を考慮する必要がある。

国の経済規模や成長を測る指標だよね。国の内需を示しているから、国力を比較する数値にされることも。一人当たりGDPは、国内で働く人の所得水準ともされている。

GDP世界3位の日本の一人当たりGDPが22位なのはデフレの影響だと思う。中国の順位を見ればわかるけど、世界1位のGDPを誇る国なのに、一人当たりGDPは73位。物価の低い農村部が平均値が下がっているから。

日本はかつて一人当たりGDPで1位になったこともあるが、その後、20年間物価が下がり続けている。その影響が順位の低下に表れているんだと思う。グローバリゼーションが進んで、世界中のマーケットがつながりはじめている現代。そのうちGDPは意味をなさない時代が到来するかもしれない。そうなったときに、はじめて国と国との争いや戦争がなくなるんだろうな。

 2018.1.5更新

GDPに関する記事

  • なぜいま「こども庁」? 幼稚園と保育園は所管も法令も先生の資格も違う

    2021.4.16

  • 米バイデン政権が放った「中国は地政学上の“試練”」の真意

    2021.3.24

  • なぜ財政赤字が悪いのか? 伝統的経済・財政学とMMT理論比較

    2021.3.11

  • サーキュラーエコノミー(循環型経済)が世界を変える

    2021.2.23

  • コロナ禍が勝ち組、負け組に選別する―12月決算でより鮮明に

    2021.2.20

経済に関する記事

  • 経営理論は実際の経営に使えない、は本当か

    経営理論は実際の経営に使えない、は本当か

    2021.4.15

  • 炭素税は財政問題を解決するか~日本のカーボンプライシング

    炭素税は財政問題を解決するか~日本のカーボンプライシング

    2021.3.27

  • 環境保全とリターンは両立する 投融資を通じた環境支援は増大へ

    環境保全とリターンは両立する 投融資を通じた環境支援は増大へ

    2021.3.26

  • キャンプブームで好調、コロナ禍でも成長するアウトドア企業の今後

    キャンプブームで好調、コロナ禍でも成長するアウトドア企業の今後

    2021.3.23

  • 公債残高の累増推移(令和3年度予算政府案/令和2年12月 財務省主計局)より

    なぜ財政赤字が悪いのか? 伝統的経済・財政学とMMT理論比較

    2021.3.11

フリーワード検索

  • カテゴリー別
  • 50音別
政治
経済
社会
ビジネス
企業
技術・科学