×

用語キーワード

復興庁ふっこうちょう

東日本大震災からの復興事業の司令塔

2011年3月に起きた東日本大震災からの復興事業を迅速に実施するため、内閣に設置された行政組織。内閣総理大臣を長に、復興事業を統括する復興大臣を置き、復興の司令塔として、国の復興施策の企画・調整・実施を担当し、被災した地方公共団体への窓口・支援といった事務も一元的に担う。

復興のために関係省庁間の調整を行い、施策の実施を推進する「復興推進会議」は、内閣総理大臣を議長、復興大臣を副議長とし、すべての国務大臣が参加する。また、「復興推進委員会」は、復旧・復興状況を調査・検証し、内閣総理大臣に政策を提言する有識者会議。

地方機関として盛岡・仙台・福島の各市に復興局、岩手県宮古市・釜石市、宮城県気仙沼市・石巻市、福島県南相馬市・いわき市に支所、青森県八戸市・茨城県水戸市に事務所が設置されている。

東日本大震災に限定しなくてもいいのでは?

東日本大震災の復興のためにできた省庁で、10年目の2021年3月末までに廃止されることになっている。

熊本地震をはじめ、日本は地震が多い国だし、毎年のように台風で被害が出ている。それなら、東日本大震災に限定せず、「自然災害対策庁」とか名前をつけて継続させて、対象を広範囲にすればいいのに。

東日本大震災は、未曽有の災害ではあるけれども、ほかの災害で被災した人にとっては、東日本大震災だけが特別視されるのは納得いかないんじゃないの。

 2018.05.14更新

復興庁に関する記事

    復興庁に関する記事は見つかりませんでした

知りたい用語・キーワード

  • カテゴリー別
  • 50音別
政治
経済
社会
ビジネス
企業
技術・科学