×

用語キーワード

国民栄誉賞こくみんえいよしょう

通算本塁打数世界一の王貞治を表彰するために設立

「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった」と認められる個人または団体に贈られる内閣総理大臣表彰のひとつ。1977年8月、当時の福田赳夫首相が、通算本塁打の世界記録更新が目前に迫ったプロ野球選手・王貞治を表彰しようと発案。王選手は同年9月に新記録を樹立し、受賞者第1号となった。

表彰の対象分野は定められていない。世界初の5大陸最高峰登頂を達成した登山家・探検家の植村直己(1984年)、歌手の美空ひばり(89年)、「サザエさん」を生み出したマンガ家の長谷川町子(92年)、「フーテンの寅さん」で知られる俳優の渥美清(96年)、世界的に評価の高い映画監督の黒澤明(98年)、サッカーの女子ワールドカップドイツ大会で優勝した日本代表チーム「なでしこジャパン」(2011年)、レスリング選手の吉田沙保里(2012年)など、幅広い分野の人々と団体が受賞している。

偉業を達成した人物の没後に贈られることも多く、アラスカで行方不明となった植村を合わせると、美空や長谷川、渥美、黒澤など12人が死後に受賞している。

受賞の対象となった人物が辞退したケースもあり、メジャーリーグで活躍していたイチローも、2001年と2004年の2回、授与が検討されたが、「今の段階で国家から表彰されるとモチベーションが低下する」などの理由で断っている。

2018年3月、安倍首相はフィギュアスケートの男子シングルでオリンピック2連覇を達成した羽生結弦選手へ国民栄誉賞授与を検討するよう指示しており、実現すれば歴代内閣で最多。国民栄誉賞の授与は時の総理大臣の判断によるところが大きいため、「政権浮揚を狙っている」などの指摘もある。偉大な功績を残していても受賞していない人たちも数多くいることから、授与の判断に関しさまざまな意見がある。

受賞を辞退した方がかっこいい

選考基準があいまいすぎるよね。王貞治がホームランの世界記録を樹立して国民栄誉賞を受賞したのはわかるけど、あとの人たちは根拠がいまいちわからない。あるときから、政権の人気取りの手段になって、著名人の人気にあやかって政権浮上をさせたいがために授与している感がある。とはいえ、人気取りにつながらず、そのまま政権が終わりに向かうんだけどね。

ノーベル賞みたいに1億円の賞金がもらえるなら、ありがたく頂戴するけど、国民栄誉賞はあげるといわれてもいらない。イチローのように辞退した方がかっこいい。

 2018.05.14更新

国民栄誉賞に関する記事

    国民栄誉賞に関する記事は見つかりませんでした

知りたい用語・キーワード

  • カテゴリー別
  • 50音別
政治
経済
社会
ビジネス
企業
技術・科学