×

用語キーワード

一帯一路いったいいちろ OBOR

中国が形成を目指す経済圏構想。中国を起点に、アジア~中東~アフリカ東岸~ヨーロッパを、陸路の「一帯」(シルクロード経済ベルト)と、海路の「一路」(21世紀海上シルクロード)で結び、ゆるやかな経済協力関係を構築するという国家的戦略。この経済圏に含まれる国は約60カ国。域内の総人口は約45億人で、世界人口の約6割に相当する。

習近平国家主席は、構想実現に向けて2014年に中国の政策判断で投資先を決められる4.5規模のファンド「シルクロード基金」を創設。また、2017年5月には、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)や中国国家開発銀行との連携を念頭に、29カ国の首脳と130余りの国の代表団の前で、約14兆円の追加拠出や融資枠の拡大などを約束した。

中国・パキスタン経済回廊(CPEC)をはじめ、高速道路、鉄道、港湾などの交通インフラ関連は、すでに各地で大規模なプロジェクトが着工している。

中国の覇権戦略だろうね。中国が世界経済の主導権を握るのは、もはや仕方がない。でも、「一帯一路」のような多くの国や地域を域内に抱える経済圏を作るなら、中国だけが利するような形にしてはいけない。

中国側の視点に立てば、ヨーロッパを巻き込んでいるのは正解。ヨーロッパがアメリカと距離を置き、中国と密接な関係を築けば、アメリカの覇権は危うくなる。

ヨーロッパ側からすれば、大西洋を挟むアメリカとは違って中国は地続きなんだよね。だから、中国の伸張は無視できない問題。

「欧米」と一括りにされることが多いけど、ヨーロッパとアメリカはスタンスが違う。アメリカを見限って中国と組むなんてこともあり得ない話ではない。ただ、中国が最終的に何を目指しているのか、現段階ではいまいちはっきりしない。

EUみたいな通貨統合も視野に入れた共同経済圏の確立を目指しているのか、TPPのような包括的な市場の連携を目指しているのか、はたまた、域内の国々を中国に組み入れようとしているのか……。

日本としては、まず中国が描いている「一帯一路」の未来像を捉えることだろうね。

 2018.2.26更新

一帯一路に関する記事

  • 拡大する対中強硬姿勢 アメリカに続きイギリス、オーストラリアも

    2022.9.2

  • 台湾をめぐり中国と米豪がにらみ合い 南太平洋を舞台に繰り広げられる大国間競争とは

    2022.9.2

  • 欧米かロシアか 複雑化する大国間競争に悩むインド

    2022.7.3

  • NATO首脳会議へ日本の首相が初参加する意味

    2022.6.23

  • ロシアは本当に孤立しているのか ウクライナ侵攻から読み取る世界の権力構図

    2022.3.15

経済に関する記事

  • 海外ヘッジファンドは日銀の早晩政策転換を予測 日本国債は大丈夫か

    2022.8.2

  • 国際決済に欠かせない銀行決済網「SWIFT」 対ロシア制裁には限界も

    国際決済に欠かせない銀行決済網「SWIFT」 対ロシア制裁には限界も

    2022.5.7

  • 円安は良いのか悪いのか? 日本の金融政策の分岐点

    円安は良いのか悪いのか? 日本の金融政策の分岐点

    2022.5.2

  • “ポスト黒田”の金融政策はマイナス金利の解除に期待

    “ポスト黒田”の金融政策はマイナス金利の解除に期待

    2022.3.11

  • なぜ今、日系飲食企業は香港に進出するのか

    2022.3.9

フリーワード検索

  • カテゴリー別
  • 50音別
政治
経済
社会
ビジネス
企業
技術・科学