×

用語キーワード

公明党こうめいとう

仏教系の宗教法人「創価学会」を母体として、1964年に大衆福祉の実現を目指して結成された政党。1993年に成立した非自民野党による細川内閣で、公明党は結党29年にして初めて与党に参画。

その後一時、「公明新党」と「公明」に分党し、地方議員は党職員とともに「公明」に残り、衆・参議員は新進党に合流したが、新進党分裂後、1998年に「公明党」として再集結した。

1999年には自民党と自由党の連立政権に参加。自由党が連立政権を離脱した後は、民主党政権時代に野党になった以外、自公連立政権を維持している。

結党以来、福祉や社会保障に力を入れており、自らを“福祉の党”と呼ぶことも。過去には、「年金100年安心プラン」を主導し、高齢者、低額所得者、子育て世帯等の住居に配慮する住宅セーフティネット法を推し進め、障害者自立支援法の成立にも尽力した。男女共同参画や選択的夫婦別姓も強く推進している。

公明党によると、あくまで創価学会とは政党と支持団体の関係だというが、約800万世帯といわれる創価学会の信者が公明党の選挙活動・投票にかかわっているとされることから、憲法20条における「政教分離原則」に反するのではないかという声は依然としてある。

政教分離の問題はひとまず脇に置いておくとして、近視眼的な政策ばかり打ち出すのが我慢ならない。国家の根幹にかかわるような政策を何ら言わない。「年金100年安心プラン」なんて、その最たるもの。

年金制度なんて5年で崩壊するかもしれないのに、どうやって100年も持たせるんですか? 具体的な話がまったく出てこない。耳ざわりのいい言葉をアピールしたいだけ。

最近主張している「私立高校の無償化」も意味不明。教育にお金がかかるのが少子化の原因だと思うなら、公立高校を充実させればいいだけの話で、なぜ私立高校を無償にしなければいけないの?

自民党が野党になったときに、民主党にすり寄らないで自民党と野に下ったのは評価するけど、新進党と連立政権を組んで以降、与党に居続けている。そのためには、手段を選ばない。

都政でも都民ファーストとくっついていたかと思うと、小池百合子氏に陰りが見えたら、また自民党にすり寄り始めている。それって、節操が無さすぎないか?

 2018.02.01更新

公明党に関する記事

  • 現実路線で骨抜きに? 憲法改正案、自民が3月中に取りまとめへ

    2018.03.05

  • 衆院選 与党が3分の2を維持 安倍首相の続投で55年体制の再来か

    2017.10.23

  • 戦略としての野党共闘「政権に対抗する存在が必要です」

    2017.10.18

  • 数は揃っても方向性に違い 選挙後の改憲の行方

    2017.10.18

  • “予想外”の立憲民主党人気 反自民の受け皿はリベラル政党か

    2017.10.17

知りたい用語・キーワード

  • カテゴリー別
  • 50音別
政治
経済
社会
ビジネス
企業
技術・科学