×

用語キーワード

第2次世界大戦だいにじせかいたいせん

1939年から1945年まで、ドイツ、イタリア、日本を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、アメリカ、ソ連(ソビエト連邦)、フランス、中華民国など連合国陣営との間で、ヨーロッパとアジア・太平洋を舞台の中心に繰り広げられた世界的規模の戦争。

1939年9月にドイツ軍がポーランドへ侵攻し、イギリスとフランスの対独戦争を皮切りに規模が拡大。枢軸国陣営が優位に立ち、デンマーク、ノルウェーを経て、ベルギーやオランダ、ルクセンブルクへ侵攻し、1940年6月にはフランスが降伏。ヨーロッパのほぼ全域がドイツの手に落ちた。

一方、太平洋では、1941年12月8日に日本がハワイの真珠湾を攻撃、アメリカ・オランダが日本に宣戦を布告し、太平洋戦争が勃発。日本の参戦に伴い12月11日にドイツ、イタリアがアメリカに宣戦布告し、世界を二分する大戦へと発展した。

独ソ戦争においてソ連への侵攻に失敗したドイツは、ソ連、アメリカ、イギリスの連合国に追い詰められ、1945年5月に降伏。

東南アジアまで占領地を広げていた日本も、アメリカを中心とする連合軍に占領地を奪還され、1945年4月に沖縄本島へアメリカ軍の上陸を許す。その後、1945年8月6日に広島市へ、1945年8月9日に長崎市に原子爆弾が投下され、1945年8月15日、ポツダム宣言を受諾して無条件降伏し、大戦は終結した。

国際法上、戦争は軍隊同士の戦いで、市民を巻き込んだ第二次世界大戦は異例。東京大空襲だって原爆投下だって、多くの市民に犠牲者が出たのは、ありえない話だよ。

「勝てば官軍」とはいうけど、アメリカが戦争に勝ったから罪を問われないだけで、とんでもないことをやってくれたと思うよ。

アメリカの経済制裁によってエネルギー源である石油を絶たれ、にっちもさっちもいかなくなった日本は、アメリカと戦争しなければならないところまで追い込まれた。

あの戦争を教訓にするなら、エネルギー安全保障をしっかり考える必要がある。原発の建設に踏み切ったのだって、プルサーマルに固執したのだって、エネルギーを自前で生み出せるようにしたいからだよ。

戦争は領土だけでなく資源の奪い合いでもある。中国が尖閣諸島に興味を示しだしたのは、海洋資源が眠っているのが発覚したからであり、その意味では、第二次世界大戦が勃発した頃と、プレイヤーこそ違えど世界の情勢は根本的に変わっていないよね。

 2018.2.8更新

第2次世界大戦に関する記事

  • 日本の国益最大化における憲法9条の役割

    2021.6.14

  • 共生社会の障害者雇用を考える

    2021.6.11

  • 不便益になじむ温故知新の「新しい生活」

    2020.8.6

  • なぜ「カルピス」は1世紀ブランドになり得たのか【アサヒ飲料岸上克彦社長】

    2019.10.2

  • 【2018年版 米中軍事力比較】中国国防費急増、アメリカの背中が見えてきた?

    2018.11.29

社会に関する記事

  • ニューノーマルな暮らし×色あせないデザイン 流行と伝統が調和する三井ホームの新邸宅

    ニューノーマルな暮らし×色あせないデザイン 流行と伝統が調和する三井ホームの新邸宅

    2021.7.21

  • 夫婦別姓、セクシャルマイノリティ…裁判所任せでなく国会で議論を

    夫婦別姓、セクシャルマイノリティ…裁判所任せでなく国会で議論を

    2021.7.19

  • グローバル・ブリテンを目指すイギリス、太平洋経済への関与強化

    グローバル・ブリテンを目指すイギリス、太平洋経済への関与強化

    2021.7.5

  • 国安法制定から1年、返還24周年を迎えた香港は混沌と

    国安法制定から1年、返還24周年を迎えた香港は混沌と

    2021.7.1

  • ホテル代十数万から、誰とも会わない21日間…イギリス株もインド株も抑え込む香港の水際対策レポート

    ホテル代十数万から、誰とも会わない21日間…イギリス株もインド株も抑え込む香港の水際対策レポート

    2021.6.25

フリーワード検索

  • カテゴリー別
  • 50音別
政治
経済
社会
ビジネス
企業
技術・科学