×

用語キーワード

戸籍こせき

“家”を軸にした身分関係登録制度

戸籍は、人が生まれてから亡くなるまでの身分関係を国に登録する制度。夫婦および子を単位として作られており、戸籍の管理をしている市町村である本籍をはじめ、在籍する人の氏名と生年月日、続柄、戸籍に入った年月日、出生日や婚姻日、戸籍の編製をした日などが記載されている。

戸籍の写しを提出する際、「戸籍謄本(こせきとうほん)」でなければならない場合と、「戸籍抄本(こせきしょうほん)」でもOKの場合がある。

戸籍謄本の提出を求められるのは、「相続手続き」「本籍地以外で提出する婚姻届」「転籍届」などで、パスポートの申請や資格取得などは戸籍抄本であるケースが多い。戸籍簿が電子化されてからは、戸籍謄本は「全部事項証明」、戸籍抄本は「個人事項証明」と呼称が変わっている。

戸籍謄本・抄本を請求できるのは、筆頭者(戸籍の始めに記載される人)と配偶者のほか、子、孫、ひ孫といった直系卑属、父母、祖父母、曾祖父母といった直系尊属に限られている。

本籍地から離れて住んでいる場合、本籍地の市町村に郵送で「発行申請」ができるほか、マイナンバーカードか住民基本台帳カードがあれば、コンビニのマルチコピー機で、戸籍謄本と戸籍抄本を取ることもできる。

戸籍の原本と一緒に本籍地の市町村で管理されている戸籍の附票(ふひょう)には、これまでの「移動履歴」がすべて記録されている。住民票には、旧住所と新住所の2つしか記載されていないため、何度も引っ越ししている人が“移動の全履歴”を証明しなければいけないケースでは戸籍の附票が必要となることもある。なお、「住民基本台帳」に基づく住民票とは別もの。

戸籍の電子化で「バツ」は付かなくなった

戸籍謄本や戸籍抄本って使うことある? パスポートの申請以外で使ったことがない。大抵の場合、住民票でことが済む。そもそも、戸籍制度はいるのか? 謎だらけの制度だよな。

「バツイチ」という表現は、離婚をした人の戸籍の名前の欄に、バツ印がつくことからきているんだよね。現在は戸籍も電子化され、離婚をした人の名前にバツ印が付くことはなく、「除籍」とだけ記載されるだけらしいけど。

 2018.06.08更新

戸籍に関する記事

  • 「建前」がマイノリティーを受け入れる糸口に?LGBT当事者が語る性とPC(ポリティカル・コレクトネス)

    2017.01.10

  • 日本政府が電子化する日~マイナンバーが導く未来国家

    2015.11.10

  • いまの世の中、番号で国民を管理しても仕方がない マイナンバー制度拡大

    2015.05.29

知りたい用語・キーワード

  • カテゴリー別
  • 50音別
政治
経済
社会
ビジネス
企業
技術・科学