×

用語キーワード

憲法9条けんぽうきゅうじょう 日本国憲法第9条

  • 日本国憲法第9条第1項
    日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  • 日本国憲法第9条第2項
    前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

「国民主権」「基本的人権の尊重」とともに憲法3大原則のひとつ「平和主義」を規定している条文。1項で「戦争の放棄」、2項で「戦力の不保持」「交戦権の否認」を規定している。安倍晋三首相は2項へ自衛隊の存在を追記する提案をしており、自民党も2項の「戦力の不保持」「交戦権の否認」を削除する改正草案(2012年)を公表している。

現行の憲法では、“自衛隊の存在”も「集団的自衛権」も解釈の範囲内で処理されているが、自民党並びに安倍政権が目指す新憲法が発布されれば、自衛隊の保持も明記される。

戦後から現代までの日本の発展に、平和憲法、憲法9条は大きく貢献したと思う。日本が戦後の混乱から抜け出して、世界第1位の経済大国になるまで、日本の国をひとつにまとめて未来を示す役割を担っていた。でも、もう役割は終わったんじゃないの。時代に合わせて、議論を尽くした上で憲法は変えていくべき。

「改憲論者=軍国主義」とされるけど、それは違うでしょう。僕は改憲論者だけど、軍国主義を支持しているつもりはない。すべての国が戦力を放棄し、全世界の人が問題の解決に武力を用いないのが理想なのは理解している。だから、9条を改正するとしても、国の交戦権を認める必要はない。戦争する権利なんてどこの国にもないはずだ! 共産党が護憲を叫んでいるけど、彼らもマルクス・レーニン主義が終わったのを自覚しているんだよ。自分たちの存在意義を確立するために「平和=護憲」をよりどころにしているだけだよね。

 2018.01.05更新

憲法9条に関する記事

  • 野党分裂ですんなり成立か どうなる?働き方改革・カジノ法

    2017.12.27

  • 平井住職に聞く「不易流行(ふえきりゅうこう)」 変わることができる強さ

    2017.11.15

  • 戦略としての野党共闘「政権に対抗する存在が必要です」

    2017.10.18

  • 数は揃っても方向性に違い 選挙後の改憲の行方

    2017.10.18

  • “予想外”の立憲民主党人気 反自民の受け皿はリベラル政党か

    2017.10.17

知りたい用語・キーワード

  • カテゴリー別
  • 50音別
政治
経済
社会
企業
技術・科学